« 赤い花 | トップページ | 宝石箱 »

6/7 三ツ峠

mist 母の白滝から 天上山

Photo_2 

土曜日にちょっと遠出をして帰宅し、19:00ニュースの天気予報を見ると週間天気予報がまた見事に外れて、翌日日曜日はsunになっています。この梅雨の晴れ間をのがせばまたいつ山に行けるかわかりません。
この時間ではもう一緒に行ってくれる人もいないでしょう。さしあたり一人でも安全そうなところどこかないかな…

2009.6.7.(日)   三つ峠(御坂)

 

大月train(富士急)8:34→河口湖9:33/9:38bus (バス)→川口局前 9:55…登山口10:05…母の白滝10:20/10:30…鉄塔11:15…最後の林道横断12:00…ひょうきんなブナ12:45…木無山13:20…展望台13:30/13:50…開運山14:10…母の白滝・天上山分岐14:35…鉄塔15:45/15:55…天上山17:10…カチカチ山展望台17:20…河口湖駅17:55/18:09train (フジサン特急)→大月18:51/19:04train(あずさ30号千葉行き)。cafe 随時の休憩を含みます。
  

toiletトイレは河口湖駅と展望台付近にあります。

  

【登山口まで】

   
夏の終わりに花を見に行こうと思っていた三つ峠。ちょっと時期が中途半端だけど、緑のシャワーを浴びて歩くだけでもいいかもしれない。ポピュラーな山だから、人もそこそこ入っているだろうし…。やっぱり、ひとりでもでかけることにしましょう。
暑くなりそうなので、母の白滝を通る涼しそうな寺川沿いの道を行き、帰りのバスの心配のない天上山へ下りるコースをとります。

  

00620 00720_3

     

富士急の三つ峠駅付近からいつも見えている山頂が、きょうはそこだけ雲に覆われています。これでは山頂から富士山は見えないだろうなと思ったので、時間調整の下吉田駅でずっと富士山を眺めていました。
富士山見てるの大好きなんです。

    

河口湖駅からの天下茶屋行き(大石ペンション行きでも甲府行きでも可)バスは混んでいましたが、川口局前で下りたのは私ひとりです。バス停先の信号を右へ入って行きました。
まばらに建つ民家の間の狭い舗装道路を道なりにカーブして進むと、左手に浅間神社の境内の大きな杉の木が見えてきました。ずいぶん立派な神社のようです。
帽子だけとって遠くからきょうの山行の無事をお願いします。

   

00920 01020
【工事中のバイパス/直進する】          【バイパス下から振り返る/きょうの富士山見納め】

    

すぐに、工事中のバイパス(だそうです)が見えてきました。ここの下をくぐってなおも進むと個人のお宅の間を抜けていくような登山口に到着します。

   

【母の白滝から木無山】

  
歩き始めはちょっと草が茂ってうるさい中を、右手に寺川の砂防ダムを見ながら石段や鉄製の階段の多い道ををゆっくり上っていきます。滝近くなったかなと思う頃、左上のほうに車が止まっているのが見えました。

    

01520_3先ほどバイパスの所で左へ入った林道がここへ通じているようです。子供たちの声が聞こえる方を見ると、水辺で親子連れが写真を撮っていました。

    

母の白滝です。
なかなか立派な滝です。落ち口を見上げると、水と一緒に光も降ってきています。
きらきらとしてとても素敵。

     

この先にも階段が付けられていて、脇の赤い鳥居をくぐって上ってゆくともうひとつ滝がありました。

   

    

その上にもまた小さな滑滝があって、なんて楽しい道なんでしょう。

     

それにしてもどうして『母の白滝』っていう呼び名がついたのかしら。

     

この先しばらくの間は木の土留めで段が付けられた急登が続くので、けっこう疲れますが、クサタチバナが花の盛りで、気品のある白い花にずいぶんと元気づけられました。ハルゼミもうるさいくらいに鳴いています。

     

01720_2

    

この後で林の中で休憩をしている時に追い抜かれた単独男性が、上りで出会った本日唯一の登山者でした。ポピュラーな山と思ってやってきましたが、この道はずいぶんマイナーな道のようです。
さて、ここから何度か林道を横断しながら(その都度道標に従って進みます)、やっと木無山のとりつきに着きました。

    

03620
【最後の林道。
横断して右前方を上る】

        

林道を抜けるまでの林の中はしっとりひんやりしていましたが、ここからは明るいミズナラ林、そして『急坂注意』の標識のあるブナ林が続きます。緑のシャワーがとってもいい気持ちです。

    

03820 03920_2 04120_4 04320

    

ブナ林を歩いていると「あれっ」、見覚えのあるブナの木が出てきました。そうそう、このブナ、【山の散歩道】のsanpoさんがたしか『ひょうきんなブナ』って命名していたブナです。

    

05620

    

ほんとにひょうきん。あちこち場所を変えてみたけど、ほんとに可笑しい。誰もいない林の中で「うふふふふふふふ」って笑ってしまいました。

    

ミツバツチグリ?やマイズルソウやユキザサなどが増えてきた道を、そろそろ着かないかなあと思いながら上ります。

   

06120

   

林の中で単独男性に抜かれただけで、ずっと誰にも会わないのでだんだん心細くもなり、ヤグルマソウの群落の辺りではなんだか向こうのほうからクマでも出てきそうに思えてきました(この辺にもクマいるのかしら?)。

   

空が広く見えるようになって、やっと木無山に着きました。写真を撮りながら歩いたせいもあるけれど、時間がかかりすぎたような気がします。

    

065

    

木無山のお花畑は思っていた通り花の端境期で、ただの笹原のようです。ちょっと残念。
お腹がすいたので、展望台まで行かずに、適当なベンチでお昼にします。あらら、急にガスが上がってきました。何だか小さな虫もうるさくまとわりついてきます。早々に退散です。

    

069

     

ガスの中に御巣鷹山のバラボラアンテナが見えて来ると、すぐに展望広場でした。満開のズミの木の向こうに、御坂の山々がガスに見え隠れしながら並んいるのが見えます。
開運山はガスに隠れて見えません。青空が見えているので、やっぱりここだけがガスの中のようです。

    

三つ峠山荘に着くととたんに賑やかになって、これから下山にかかる人がたくさん下りてきました。朝のバスで見かけた方も何人かいます。たぶん、三つ峠登山口バス停から歩き始めたのでしょう。母の白滝からよりは一時間ほどコースタイムが少ないはずなので、しっかりお昼休みをして、下りられるところのようです。

    

074

    

大方の人とは一時間も違うので、展望広場付近はもうひっそりしています。

   

【開運山から天上山を経て河口湖駅へ】
  

開運山からも、なにも見えません。ちょうど表参道から上ってきたお嬢さん二人が山頂にいたのでカメラのシャッターを押してもらいます。お嬢さんたちは初めて来たとのことで「ええっ、ほんとは富士山が見えるんですかぁ」と残念そうでした。

    

きょうは御巣鷹山はパスします。これでは三ツ峠ではなくて二ツ峠になっちゃうな。まあいいか…。また木無山まで戻って下山にかかります。さきほど母の白滝から来た時の三差路を左へ天上山へのコースに入ります。

    

086

   

お嬢さんたちも追いついてきて、同じ道に入りました。どうやら、この道を行くのはこの3人だけのようです。ちょっとぼさぼさとした道ですがきれいな色のスミレを見つけたので写真を撮っていたら、若い二人にはあっという間に抜かれてしまいました。

    

また、ひとりになりました。

   

088

   

ところどころにヤマツツジが咲いていて元気づけてくれます。花の少ないきょうの山行で、一番カラフルにたくさん咲いていたのがヤマツツジです。時間も気になるので、どんどん下ります。

       

099_5 こんな緑のトンネルや

                104_2 こんな鉄塔の下や

                                118_2

霜山や新倉山はどこだろうと思いながら杉やカラマツの植林を抜け、こんな道を歩いて、また林道を横断します。

    

林道を横断してから10分、やっと天上山へ着きました。ちょっとひと休みして、下山路に入ります。しばらく行くと「17:05?発ロープウエィ最終便が出ます。お急ぎください」というアナウンスが聞こえるようになりました。
時間を過ぎてもず~っと繰り返しています。私がカチカチ山展望台に着くと、放送室?から係の方が出てきて、「歩いて下りられるんですか?」と確かめてから、やっと運転終了にしたようです。「?????」なんで私が山道を下りてくるのがわかったのかしら。
ここからあじさいハイキングコースを下りて、もうひと頑張りです。18時前に、やっと河口湖駅に着きました。

     

日が長い季節だからこそのルート、よく歩いた一日でした。

     

03420_2 04220
04420_2 095_2
【…フキ?①】【チゴユリ】
【てんとう虫】【ギンラン】

  

106_2 057_2
089_2 008_3
109
【アマドコロ】【ユキザサ】
【?②】【フタリシズカ】【オオカメノキ】 

    

※動植物の名前はあまり自信がありません。【?②】はオトコヨウゾメかと思ったのですが、葉が違うようです。【?】の名前や間違いがありましたら教えていただけると嬉しいです。

« 赤い花 | トップページ | 宝石箱 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

palletさん   こんばんは~

素敵なブログが立ち上がりましたね。
おめでとうございます♪
三ツ峠山、懐かしく拝見しました。
『ひょうきんなブナ』に会えて、にっこり笑顔のPalletさんが目に浮かぶようです。
新緑いっぱいを満喫できて、よかったですね。

sanpoさん 
コメントありがとうございます。
初めてのコメントをsanpoさんから頂けるなんてすっごく嬉しいですhappy01
また、どこかでお会いできたらいいですね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/30005465

この記事へのトラックバック一覧です: 6/7 三ツ峠:

« 赤い花 | トップページ | 宝石箱 »