« 7/2 半夏生 | トップページ | 7/7 満月/七夕 »

6/28 小仏城山

riceball 大平林道から小仏城山へ 

016_2  

8月下旬に大キレットへ行く予定のまるこさんとテンプルさんが、一緒に行くお仲間と城山で顔合わせをするというので、私もついでにくっついて行きました。

2009.6.28.(日)

JR高尾8:01(甲府行き)train→相模湖8:10/8:39(八王子駅行きバス)bus →大垂水9:00(頃)…大平林道出会9:25…林道終点10:15…三叉路10:20…城山10:50。

 

城山12:00…景信山12:40/12:50…堂所山13:50/14:00…底沢峠14:20…林道出会14:45…陣馬高原下バス停15:00/15:30(臨時バス・急行)bus…JR高尾駅北口16:00。

   

【大垂水から大平林道経由で城山へ】
きょうはこのグループのリーダーさんが、ご病気から復帰後初の山行だとかでゆっくりゆっくり歩きます。

 

このグループは、高尾山を自分たちの庭のようにして毎週のように歩いていて、一般のハイキング道だけでなく、いろいろなバリエーションを楽しんでいるとのこと。
きょうは、手もとの昭文社の地図(2008年版)にある大垂水峠から城山へのハイキング道ではなく、その北側にある大平林道を終点まで歩き、そこから左へ入って本来のハイキング道に合流するという予定です。

   

一日に3本しかない八王子駅行きバスに乗って、大垂水まで行き、降りたら道なりに甲州街道沿いに進みます。

    

003_3

 

甲州街道にかかる『大垂水峠。ここより東京都…』の青い標識を越えてしばらく行くと、歩道橋が見えてきます。この歩道橋の上り階段脇に左へ入る階段がありますので、予定のコースにはここから入って行きます。
右へ歩道橋を渡って行くと、南高尾山稜と呼ばれているハイキングコースに乗るということでした。

   

007

   

階段を上がって林に入り半ピッチほど行くと、写真左の黄色い標識の所へ上り着きました。目の前に送電鉄塔が見えます。これが大平林道です。この道を、この写真の奥のほうへ向かって折り返すように林道終点まで歩きます。
ここはU字にカーブしている場所ですが右手に上って行く道は高尾と城山を結んでいるハイキング道の一部です。

    

010

   

林道なので作業車などが入ることもあるのでしょうか。
轍の跡のような二本の道になっていましたが、しばらく車も走っていないらしく、ウツボグサの続くフラワーロードが出来上がっていました。
花の盛りにはずいぶんきれいなんじゃないかしらと思います。

    

011_3 【草ぼうぼうの終点】

    

さらに半ピッチで林道終点です。私たち以外に歩いている人のいない道を、ほんとにゆっくり歩きます。いつも賑わっている高尾山の一部にいることを忘れてしまうようなひと時でした。
標識の指している左手の方向が城山への道です。ぼうぼうに繁っている草をかき分けて入ります。知っている人に「そこでいいのよ」と言われなければ、ちょっと躊躇してしまいそうな入り口でした。
テンプルさんも私も「あら、半袖なのにどうしよ~」って思わず言ってしまったくらいです。

      

P1040992jpg1ea_6

      

草ぼうぼうもすぐにきれいな杉林になり、大垂水峠から城山への立派なハイキング道に行きあたります。この写真の奥のほうからやってきました。すごく広々した丁字路になっています。

   

ここから、ちょっとの登り道が続きます。ハイカーの代わりにトレイルランナーの人が何人か上り下りしていました。追い抜いて行ったと思ったら、すぐにまた駆け下りてきます。

    

テリハノイバラやオカトラノオが咲く道を行くと、歩き始めてから2時間もかからないで城山に着きました。花の盛りの紫陽花がとてもきれいです。

   

020

    

城山は四季折々の花が植栽されていていつも何かの花が咲いているなと思っていましたが、紫陽花がこんなふうにあるなんて今まで気がつかずにいました。

      

城山の茶店で、改めてみなさんそれぞれにご挨拶。私も便乗してご挨拶。
おしゃべりしながらお昼にして、グループのみなさんとはきょうはここでお別れです。

      

【城山から底沢峠経由で陣馬高原下へ

   

まだ時間も早いので、私たちは行ける所まで(できれば陣馬山まで)行ってみようということになりました。

022
【景信茶屋から城山を見る。雲行き怪しくて山頂の電波塔もよく見えない。】

    

ところが、景信山を越えて堂所山でひと休みしているとポツポツ雨が降り出しました。分岐に戻りとりあえず明王峠を目指すことにします。
ひとまずザックカバーをつけただけで林の中を歩いているうちに、雨が段々に本降りになってきました。こんな天気ではとさっさと陣馬山はあきらめて、明王峠ひとつ手前の底沢峠から陣馬高原下バス停に下りることに進路変更です。

   

030

    

この道は初めて下りましたが、短時間でバス停に着くよいエスケープルートでした。

   

きょうは、初めての道を二つも歩き、高尾山域ってほんとに奥が深いなと思った一日となりました。

   

008_2 00930_2
015_2 019_2
【マタタビ】【ウツボグサ】
【ヤマテリハノイバラ】【ナツトウダイと思ったが違うみたい】

   

021_2 031_2
017_4 033_2
023_2
【ヤマ?ホタルブクロ【右/アカショウマ】
【オカトラノオ】【オカトラノオは花穂の多くが同じ方向に傾いている】
【ヤマボウシ?】

   

花の名前のわからないものや、間違いなど教えていただけると嬉しいです。

   

(山歩き №13)

« 7/2 半夏生 | トップページ | 7/7 満月/七夕 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/30357621

この記事へのトラックバック一覧です: 6/28 小仏城山:

« 7/2 半夏生 | トップページ | 7/7 満月/七夕 »