« 7/(22)23 ’09夏山縦走 その1 | トップページ | 7/25 ’09夏山縦走 その3  »

7/24 ’09夏山縦走 その2

天気予報によると、きょうは曇りのち雨、明日は曇りとのことでしたが、朝起きてみるとご来光が見られそうです。

102_3
【燕山荘前でご来光を待つ人々 7/24 5:03】

写真はクリックで拡大します。

第2日 7/24(金) 燕山荘から ヒュッテ大槍 改メ 常念小屋

 

燕山荘5:25shoe …大下りの頭6:15…切通岩8:00…大天井ヒュッテ9:05/10:05…大天荘10:45/11:00…東天井岳12:30…常念小屋15:15

109_2

   

早い回の朝食(1回め4:45と2回め5:30)を済ませて外へ出てみます。眼下に広がっている雲海がだんだんに赤みを帯びてきて、なんてすばらしいんでしょう。しばらく見とれていると、西側を見ていた人たちが「槍が見えたぞっ」と叫んでいます。
あわてて反対側へ行ってみると、雲が動いて時々ふっと槍ヶ岳の穂先が見えます。こちらも力強くすばらしい眺めです。   【7/24 5:15ズーム】
これだから山歩きは止められないと、つくづく思います。

    

きょうはヒュッテ大槍まで行く予定なので、あんまりのんびりはしていられません。予定より遅くなってしまいましたが、出発です。
しばらくしてから大下りの手前で、ずいぶん前に出発したはずのSJ学園の生徒さん達に追いついてしまいました。私たちも亀足なので人のことは言えないけれど、昨日の話では槍が岳山荘まで行くと言っていたはずなのにずいぶんスローペースです。ちょっと心配になりながらも、適当な場所で追い越させてもらいました。

 

113
【大下りの登り返しから振り返る】

    

大下りといってもそんなにたいしたことはなく、底のあたりから登り返しにかけてはきれいなお花畑になっています。花に気を取られて歩いているうちに、周囲がなんとなくガスっぽくなってきました。雨になるのが早まっているのかもしれません。

 

125_4 126_4 127_3 134_2
【フジイタドリ?/地味だけどよく見るととてもきれい】【ニッコウキスゲなど】
【ミルク色の霧の中を行く。両脇はコマクサの花盛り】【切通岩の鎖場】

    

だんだんに濃くなってくるガスの中、あまり上下のない平坦な道を行き、切通岩の鎖場を過ぎてしばらくすると槍ヶ岳・常念岳分岐に着きました。今回私たちは、大天井岳へは寄らないことにしているのでまっすぐ槍ヶ岳への道をとります。

    

「滑落注意」なんていう注意書きのある岩場をひとつ越え、「…ヒュッテあと30分」の標識から40分してやっと大天井ヒュッテに着きました。あたりは真っ白です。

      

152

    

温かいお茶など飲んでちょっとひと休みと小屋へ入った途端、大粒の雨が降ってきました。屋根伝いにトイレ(チップ\100)に行くのもしっかり濡れてしまうほどです。
しばらく様子を見ましたが、雨脚は強くなるばかり。私たちの前に着いていた男性はこの雨の中を意を決した風にして出て行きましたが…。

      

ひとまず雨具をつけて、私たちは「どうする?」とあれこれ相談です。
きょうはヒュッテ西岳までにするにしても、明日の天気もあまりよくないようです。小屋番さんによれば今朝から山梨県地方には(ここは山梨県しかラジオが入らないそうです)大雨警報が出ているとのこと。前線の動きによっては、ますます明日の天気はあてになりません。
思い切って槍はあきらめ、明日以降どうにでも動ける(下山も可能な)常念小屋へ抜けようということになりました。気がついてみたら、ここで一時間の停滞です。

      

153
【大天荘】

   

まずは、大天井岳の南を巻く道を大天荘へ向かいます。歩き始めてしばらくすると、ガスは相変わらずですが雨が止みました。すれ違う人も雨具を着ていません。「?」。

    

大天荘で、予約を入れてあったヒュッテ大槍にキャンセルの連絡をしてもらえることになりました。気に懸かっていたことが解決してホッとします。小屋番さんに「先ほど大雨降りませんでしたか?」と聞くと雨は降らなかったとのこと。ちょっとの所でもずいぶんな違いです。

    

161_2 159_3
【常念小屋への道】【進むはずだった喜作新道は、すっかり雲に覆われている】

       

ここへ来る途中ですれ違った人たちは「これからヒュッテ西岳まで」と言っていたので、私たちもまたちょっと気持が揺れましたが、やっぱり決めた通りに常念小屋を目指します。大天井 から常念小屋までは3時間。特に危険なところもなく緩やかに下っていく道なので、もし天候が急変してもなんとか対応できると思います。

   

169
【東天井岳からの常念岳(右奥)】

      

大天荘から1時間半、東天井岳に着くと足元の大きな雪渓越しにどっしりとした常念岳が姿を現わしました。道標のところから雪渓(カール)を右手にして左へ回り込むようにハイマツの緑の中を下っていきます。行く手はガスもすっかり晴れてすごく清々としたいい気持ち!
まるこさんが、「この雪で氷練乳あずきにしたいな~?」なんて言っています。
今回の山行でルンルン気分になったのは、この時だけだったかもしれません。

      

176
【喜作新道の稜線が見え、時々槍ヶ岳も見えます】

      

この辺りからは、お天気が良ければ槍・穂高の稜線を眺める絶好のポイントのはずですが、向こうはすっぽりとガスに覆われています。それでも時たま雲が切れて槍が顔を出したりするので、景色が見えるたびに立ち止っては、長々と見とれます。
ヒュッテ西岳の赤い屋根が見えると、喜作新道が直角に折れて東鎌尾根へ入ってゆく様子が見て取れて「地図のここがこうなのね!」と、みんなでしきりに感心したり…と、だいぶのんびりムードになってきました。15時には小屋へ着けるはずなので、途中でゆっくりお茶したりおしゃべりしたり…、やっぱり山はよいお天気に限りますね!

      

180
【常念小屋/90周年の看板が掛けられた入口】

      

15時15分、予定より時間がかかりましたが常念小屋に着きました。ほっ。気持のよいテラスで beer です。

       

house 常念小屋は今年で創立90周年とのことです。受付をすると「常念坊」と焼印のある札を貰えました。手書きのナンバーが入っていましたが(ちなみに私は1856番でした)、この夏に何番までの人がこの小屋を訪ねるかな。
夕食(おいしい)のときには、そのお祝い?お礼?にと、ひとりひとりに杯一杯の日本酒がふるまわれました。こういうのって、その気持が嬉しいです。だからっていうことではないけれど、あと10年、100周年の時にも来れたらいいなって思いました。そのころにもまだ山を歩けているかしら、歩けていたらいいな。

    

179
【常念乗越からの常念岳 7/24 15:15】

    

house 今夜は6人部屋に私たち4人だけの割り当てです。
テンプルさん・まるこさんの二人とゆきさんは今回が初対面なので、やっとゆっくり自己紹介の時間が持てました。きょうは体力的にも余裕があるので、のんびりおしゃべりに花が咲き、「次からは、このくらいの余裕を持った山歩きをしようよ」ということになりました。

    

きょうの花

   

114_4 116_2 117_2 118 120_4 122_2
【シナノキンバイ】【チシマギキョウ】
【ウラジロヨウラク】【ノウゴウイチゴ】
【ミヤマキンポウゲ】【エゾシオガマ】

 

128_2 131_2 133_2 139_2 140_4 141_3
【ミヤマダイコンソウ】【チングルマ】
【イワツメクサ】【コイワカガミ/ツガザクラ】
【ミネズオウ】【クモマスミレ?】

   

146_2 147_2 151_2 154_2 155_2 156_2
【イワウメ】【ミツバオウレン】
【コマクサ】【キバナシャクナゲ】
【クモマスミレ】【ミヤマ?コゴメグサ】

    

157_2 174_2
177_3 
【オヤマノエンドウ】【クロマメノキ?】
【マイヅルソウ】

       

pencil その3へつづく。

« 7/(22)23 ’09夏山縦走 その1 | トップページ | 7/25 ’09夏山縦走 その3  »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/30828786

この記事へのトラックバック一覧です: 7/24 ’09夏山縦走 その2:

« 7/(22)23 ’09夏山縦走 その1 | トップページ | 7/25 ’09夏山縦走 その3  »