« 10/11 八ヶ岳南部縦走 その2 | トップページ | Women Only »

10/12 八ヶ岳南部縦走 その3

2009.10.12.(月・体育の日) キレット小屋から観音平へ

いよいよ最終日。権現岳へ61段の源治バシゴが待っています。(その1はこちらから)

116
【朝焼けの富士山(ズーム)/キレット小屋2階客室から.2009.10.12.5:30】

窓から正面に富士山が見えます。荘厳な雰囲気に圧倒される美しさです。

朝食5:30/6:15 shoe …7:15/7:30…権現岳8:35…8:45/9:00…青年小屋9:40/10:10…11:25/11:35…雲海11:45…観音平12:20 car(タクシー)→スパティオ小淵沢 car (タクシー)→JR小淵沢.

  

120
【キレット小屋ストーブまわり。
アップリケがかわいい座布団カバーは常連さんからの改築祝とか

  

キレット小屋は昨晩が今シーズンの営業最終日だったそうです。私たちのほかに3名、総勢9名の宿泊者でした。
昨年改装したばかりの小屋はウッディでとても気持のよい小屋でした。床が30㎝も傾いていたのを、小屋番さんが「俺がこの小屋をやるから」とやっと直してもらったんだそうです。お若いのにひょうひょうとした雰囲気がなんとも感じのいい小屋番さんでした。
キレットの下りで見かけた白いペンキの丸印も「スプレーではなく僕が筆で書いたんですよ」と、こだわりを見せていました。ひとりで切り盛りするのはいろいろな意味で大変なことでしょうに、どこもがきちんと片付いていて感心しました。これからも頑張ってね。

  

127

  

さて、きょうもいいお天気です。歩き出して振り向くと、昨日歩いてきた峰がだんだん遠ざかって行きます。

  

135

  

足元の小さな植物たちは霜が溶けずにいて、金平糖のよう。上ってゆく大石の上にもまだ霜が付いていて滑りやすく危険です。慎重に歩を進めます。

  

136

  

なだらかな尾根の先に権現岳が見えてきました。遠くに富士山も見えます。…山歩きって…なんて…すてきなんでしょう…!

  

140

  

振り向けば、阿弥陀・硫黄・横・赤・キレットが一望できます。温かいお茶を飲みながらしばし見とれてしまいます。

   

144_4

   

そうこうするうちに、きょうのお楽しみ(って言うよりちょっと不安?)の61段源治バシゴが見えてきました。今、下りてくる人がいます。え~っ、もしかしてヘルメット冠ってる?

  

146_5 今回は、キレット越えとこの源治バシゴをちょっと心配していました。どちらかというと高所恐怖症なんです
でも、ハシゴはちゃんと足を置く場所もあるし手でつかまる場所もあるわけなので、一段一段しっかりつかんで 上れば何の問題もないはず…。

  

147_5 私の問題は、この上りきった所をどうクリアするのかだったんです。写真を見る限りでは「どうするんだろ?」って思うでしょう?でも、ちゃんとうまく着地?できるようになってました。むしろ下りる方が考えてしまうかもと今この写真を見ながら思ってしまいました。…おお怖っ!あれっ?

   

まあ、過ぎてしまえばそんなに怖がるようなことでもありませんでし…たよ。

  

148

   

源治バシゴを上りきるとすぐに、権現岳の山頂が見えました。なんともほっとする景色です。あそこから先は歩いたことがあるのでもう大丈夫と思うと、なんだか今回の山行がもう終わったような気分になってしまいます。

  

155_2156_2

  

青年小屋へ下ります。富士山が権現岳の右手になり、さらに右手には鳳凰三山が雲から顔を出しています。雲海がいつまでも切れずにいて、本当にきれいです。

  

161
【青年小屋入口と編笠山】

  

青年小屋に着くと、みんなもう下山ムード。編笠山はみんな行ったことがあるからと、あっという間にスルーすることに決定です。日向ぼっこをしながらきょう何度目かのお茶を済ませて、巻き道に入ります。

   

168

  

押手川付近では、先日の台風18号の爪痕か、途中からぼっきりと折れている大きな木を何本も見かけました。シカの食害も結構見られて、なんだか痛々しい感じがしました。繁殖期らしくシカが呼び合う声も聞こえましたよ。
森の中も、見えないけれど日々激しく変化しているのでしょう。

   

下りるとなるとみんな結構飛ばして、観音平に着くとまだやっと正午過ぎでした。

     

                   shoe shoe shoe

   

ここから携帯でタクシーを呼んで、スパティオ小淵沢でお風呂とボリュームいっぱいのランチ。もちろん beer も。…すっかり下界の人に戻ってしまいました。

    

おしまい。

search写真はクリックで拡大します。

« 10/11 八ヶ岳南部縦走 その2 | トップページ | Women Only »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

とっても素晴らしいブログです。
八が岳、、、、美しい山ですね!!

山の報告のブログ、、次を楽しみにしています。

男の子さん はじめまして。 
コメントいただいてすごく嬉しい上に、
おほめにあずかって光栄です。
山もそろそろ寒くなってきたので、冬眠モードかなあなんて思ってたんですけど、
またちょっと元気が出ました。ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね。

palletさん、こんにちは。

昨年の記事にコメントすみません。
(ガーナは7がUPするのお待ちしております^^)

palletさん、高所恐怖症と言いつつ
スゴイじゃないですか~!横岳~赤岳・・・
で、そこで終わらず権現まで・・・
横岳と赤岳から権現までのトラバース。そしてあの梯子。
怖くなかったですか???
お写真、クリックして拡大して確認しちゃいました(笑)
私は硫黄と赤岳は登頂したんですけれど、その間の横岳。
そして南の権現。怖そうなんですもん・・・まだ登ってません。
でも・・・南から北までず~っと繋げたいです~~
あ、勿論一気に歩くって訳じゃないです^^

それにしてもpalletさんの文章は読んでてホントに心地よいですね。
そろそろ山行記事も増えてくる季節なので、今後も楽しみです♪

❁かわみんさん
高所恐怖症…だと思うんですよね、たぶん。
まず、「橋」がコワイ!
橋を渡るときには脇を絶対に見ず、4・5歩先を見て一心不乱にススム…って感じなんですぅ。  
ノーテンキな文章を褒めていただけるなんて、嬉しいです。
ますます図に乗ってしまいそう。でも、ありがとう。
今年は、身辺多事なのでどのくらい山に行けるかなあ。
できるだけたくさんアップしてゆきたいと思っていますので、
また遊びに来てくださいね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/31845606

この記事へのトラックバック一覧です: 10/12 八ヶ岳南部縦走 その3:

« 10/11 八ヶ岳南部縦走 その2 | トップページ | Women Only »