« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

おすもう(年末ごあいさつ)

近所の神社へ今年一年のお札などを納めに行くと、境内にある土俵で相撲を取っている子どもがたちがいました。

009shu 

おじいさんとお孫さんでしょうか。まるで昭和の時代にタイムスリップしたような、なんともほっとするレトロな雰囲気です。

あまりいい話題のない一年でしたが、こんなふうにくったくのない子どもたちの様子を目にすると、少し元気が出てきます。
この一年は、私に新しい孫ができたこともあってか、「この子どもたちの未来に私たちおとなができることは何か」を考えることが多い一年であったように思います。

5月に始めたこのブログも、よちよち歩きで試行錯誤しながらなんとかここまで続けることができました。
毎日、誰かしらが見てくださっているのが嬉しくてとても励みになりました。心よりお礼申し上げます。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

                    clover clover clover

それではみなさま
よいお年を confident

(街暮らし №51)

もちつき

街角の空き地で町内会のお餅搗きイベントが開かれていました。

008shu

普段は「町内会なんてめんどくさいなあ」なんてちょっぴり?思っているくせに、
こんな光景を目にすると、
「日本もまだまだ捨てたもんじゃないかも…」なんて思ったりもする
『勝手なわたくし』であります。

いよいよ年の瀬も迫ってまいりました。
来年は、『善き人』にならねば…wink

(街暮らし №50)

12/20 金時山(小学生と歩く) 

さゆりん、初めての1000m越えです。

053_4
【乙女峠より 2009.12.20.10:20】

  

初めて山らしい山を歩くさゆりんを連れての三人パーティ。前日に小田原城などを見学して、箱根で宿泊。宿で朝食を済ませてからゆっくりの出発です。

続きを読む "12/20 金時山(小学生と歩く) " »

12/22 冬至

「一陽来」。きょうは、二十四節気のうちの「冬至」でした。

036
【柚子かと思って近づいてみましたが…違うかな。】

この日は、私にとっては一年中で一番待ち遠しくてうれし~い日です。なぜって、山歩きにとっての条件のひとつ(日没の時間)がこれから確実に良くなっていきますから。まさに「一陽来復(福)」そのものです happy01

「一年中でもっとも昼の時間が短い」…というのは、『太陽sunが北半球から最も遠ざかり、北半球の温帯地方では最も太陽高度が低くなる』からとのこと。
きょうを境にまた日が長くなり光を感じる時間が長くなれば、ますます厳しくなる寒さの中にも春を予感することができて、それだけで気分も明るくなろうというものですね。 

(街暮らし №49)

12/18 いちごミルク

まるでいちごミルクのようにやわらかな色合いの空。

069
【2009.12.18.北東の空16:29】

私の背後の西の空には、いままさに沈まんとしている太陽があって…
日暮れの時間がほんの少し遅くなっているような気がします。

調べてみたら…あらら、日没時間がほんとに遅くなっている!

冬至はいちばん昼の時間が短いけれど、日没の時間は冬至の日より前に少しずつ遅くなっているっていうことに、今更ながら気づきました coldsweats02

もうすぐ昼の時間も長くなると思うと、ちょっと嬉しい誤算です coldsweats01

pencil きょうの東京の日没時間は、16:30です。(空の色 №43)

シモバシラ

ちょうど2年前、陣馬山頂直下で撮った『シモバシラ』です。

032_3
【2007.12.16】 

古い写真でごめんなさい。
先日出かけた陣馬山の報告でちょっと触れましたが、まだ階段の両側にロープが張られていない時に、山の斜面で撮影した写真です。
『シモバシラ』というと、水あめをぐるぐるとこね合わせた時にできるリボンをたくさん折りたたんだようなものが多いように思いますが、これは、薄くて繊細な感じがすてきでしょう?
…って、自画自賛 coldsweats01。でも、みなさんにもぜひ見ていただきたくて…think

(山歩き №21ふろく)

12/15 強い寒気が…

「きょうは上空に強い寒気が流れ込み、寒い一日でした。」とアナウンサー氏。
北日本では、この冬一番の冷え込みとなったそうです。

005
【2009.12.15.西16:06】

日没前の空に、さまざまな表情の雲。

いかにも寒気が流れ込んでいそうな、冷たい印象の空。

もうすぐ姿を隠す、めずらしく遠慮がちな太陽。

…『冬至』まであと一週間の日の夕暮れ時です。

pencil 12月15日(火)、東京の日没時間16:29(空の色 №42)

トンネルを抜けると…

…雪国だった…とまでは行かなかったけれど、bullettrain 軽井沢駅のホームには昨日の雪がまだ残っていました。

023
【軽井沢 万平ホテルで】

きょう(12/12(土))は仲良し4人で友だちの家を訪ねるついでに、少し足を延ばして冬の軽井沢でランチ restaurantwine
暖かい一日だったのでみるみるうちに雪は消えてしまいましたが、この写真で、庭の地面が白くなっているのがわかるでしょうか?
私にとっては、思いがけず今シーズン初めての雪景色となりました。

                              snow snow snow snow snow

昨日は奥多摩方面にも雪が積もったとか。
いままでは冬眠を決め込むことが多かったのですが、この冬はスノーハイクを楽しんでみようかなと思っています。
「ちょっとワクワク」な happy01 シーズンの始まりです。

街に暮らす鳥  1(カモ)

街の小さな水辺に、季節の鳥がやってきます。

022_4
                              

日向ぼっこをするマガモ(♂)。

メタリックな緑色の顔と黄色のくちばし、オレンジ色の水かき…
なんて魅力的な彩りなんでしょう!

んっ? もしかして…「かゆい?」。

chickその0』『その2』にもお立ち寄りください。 

(街暮らし №48)

葱畑

八百屋さんの店先で、束になった泥葱が売られる頃となりました。

015_2

散歩道の脇にある葱畑。
やわらかな緑色のおいしそうな葱が収穫間近です。

014_4 これから市場に出されて
どこかのお宅で『鍋』の材料になる?
のでしょうね。

あらっ?

…きょうは朝から寒くて
『鍋』って思っただけでからだがホッカホカ!

…って、そんなわけないかな。
でも、ちょっとは…?言葉の持つ不思議な力に…run…脱帽。

(街暮らし №47)

12/7 大雪(たいせつ)

きょうは、二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」。また、七十二候の一つ「空寒く冬となる」の日に当ります。

013_5 雲ひとつない青空。

けれど
「青」より「みずいろ」に近い
はかなげな「あお」。

こうして
目に見えてだんだんに
「空寒い」冬となって
ゆくのでしょう。

【2009.12.7.東11:17】

11/28 高畑山・倉岳山 

週の半ばになってから、「どこかへ行こっ!」と久しぶりにゆきさんからの声。急なので、バスの時間を気にしなくて済む中央線沿線の山へ行ってきました。

072_2 【倉岳山水場(飲用不可)付近】

高畑山と倉岳山は、中央沿線の山のうちでも特に人気のある山だそうですが、シーズン終わり近くのためか思いのほか静かな山歩きが楽しめました。

続きを読む "11/28 高畑山・倉岳山 " »

段ボールで…

若いご夫婦が始めた小さな花屋さん。ガラス戸にクリスマスのディスプレイ。

040_3 サンタクロースも

クリスマスツリーも

きんいろの星も

みんな

段ボールに手書きの

切り抜きです。

004_3
002_2
001         【開店前のお店で】
003 presentxmasshinebellpencilhairsalon

なんともほのぼのふんわりと

あったか気分になりました。

cat dog confident

(街暮らし №46)

12/2 師走の空

きょうは満月 fullmoon 。まん丸な月が冴え冴えとして素晴らしくきれいです

でも、雲もいっとき楽しい表情を見せてくれていましたよ。

041_4日の傾き始めた空に
ちぎれ雲。

青い空にあちこち散らばって
なんだかとっても忙しそう。

「雲も走る師走の空」
って言うところかな?

【15:58西の空】

(空の色 №40)

おそろい

きょうから12月。月日の過ぎるのが本当に早く感じられるこのごろです…。

xmas bell present  

1120_360_4

偶然通りかかったお宅の門に掛けられていた
手作りらしいすてきなリース。

オレンジ色はカラスウリ
黄色の実はなにかしら。

前に置いたバイクとおそろいの色合いが
とってもおしゃれ。

どんな方が住んでいるのか
ご家族の楽しい団欒の様子が見えるようです。

(街暮らし №45)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »