« 街に暮らす鳥 3(ユリカモメ) | トップページ | 鬼打ち豆 »

1/30 北横岳

「高気圧が張り出す…」との天気予報に背中を押されて?、急きょ行ってきました。

082
【北横岳・北峰で南八ヶ岳を背にして】

晴天とあらばどうしても雪景色が見たくなってしまって、ちょっと早起きして「あずさ」に乗ってしまいました。日帰りなので、往復ともロープウエイのお世話になるつもりです。

ロープウエイは16:00が最終です。そして、帰りのバスは15:00発と17:00発の2本しかありません。
15:00発ではちょっとせわしないし、17:00発では待ち時間と電車の乗り継ぎ時間のロスがとんでもなく多いので思案のしどころですが、どうするかは行ってから考えることにしましょう。
念のため、待ち時間の時間潰し用に読みかけの本をザックに入れてでかけました。

  

2010.1.30(土).
train(あずさ3号)JR茅野9:51/バス(ピラタスロープウエイ行き) bus 10:20→山麓駅11:15/ロープウエイlibra 11:40→山頂駅11:50/12:10…北横岳ヒュッテ13:00/13:10…北横岳(南峰・北峰)13:30/13:45…北横岳ヒュッテ14:00/14:20…北横岳分岐14:45…山頂駅15:15/ libra 15:20→山麓駅15:30/バス bus 17:00→JR茅野17:55/train19:05(スーパーあずさ32号)→新宿21:06.

  

            snow sun shoe snow sun shoe snow

  

茅野駅発のピラタスロープウエイ行きバスは、特急あずさ1・3・5号の3台分からの乗客でやっとほぼ満席です。バスを利用する人がめっきり減っているということのようです。

  

乗車券はバス案内所で求めますが、片道\1,200のところを日帰り往復だと\2,000(区間内乗り降り自由)で、ロープウエイの1割引券(往復\1,620)も頂けました。

  

030_2

  

ロープウエイはこの時期10分間隔の運転ですが、乗り場の脇でキップを買っているうちにスキーやスノボの人たちですぐにいっぱいになってしまい、次の便になってしまいました。
でも、山頂駅に着くとそこはもう標高2240mです。北横岳にはここから標高差240mほどをゆるやかに登ります。レストハウスで軽くお昼を済ませ出発です。

  

031

  

きょうは団体の写真撮影会があるようで、重そうなカメラザックを持った人たちがたくさんいます。
私の前を歩いているこの方も「はあっはあっ…」だったので、途中で抜かせていただきました。坪庭の上り口です。

  

034_2

  

前方左でトレースがY字になっているのがわかるでしょうか?右へ向かっている二人は坪庭探勝路(一方通行)に沿って歩いています。北横岳へは、道標に従って左へ進みます。

  

038

  

ほんのちょっと下って、森に入ります。
雪の造形と青空が素敵で楽しくて、立ち止ってばかりいます。

  

043

  

思いのほか早く、三ツ岳の分岐に着きました。

  

右下から登って来て振り返った所です。三ツ岳へもトレースがしっかり付いています。時間があれば帰りにはこちらへ行って雨池峠に下りたいところですが、きょうはガマンガマン。

  

046

  

「もちもちした搗きたてのお餅みたい」なんて思いながらルンルン♪

  

047

  

真っ白でまっすぐで誰も見えない森の中の道をルンルン♪

  

048

  

「あっ!もう煙突の煙が見えてきたっ」とひと登り。

  

051

  

北横岳ヒュッテに着きました。
小屋の温度計でマイナス6度だそうです。「マイナス6度ってこんな程度なんだ」と思うほど暖かです。朝はマイナス12度だったそうですが。
もう登って下りてきた方たちとおしゃべりしながらちょっと休憩。椅子が雪で埋まったブランコの向こうに、噴煙を上げる浅間山が見えていました。
さて、荷物をデポして山頂へ。後ろから「山頂は風が強いよ~」と声がかかります。

  

061

  

小屋の裏手のちょっとした急登をこなすと、北横岳南峰です。
一等三角点だけあって、360度遮るものがありません。でも、思ったほど風は強くありませんでした。

  

078

  

北峰からの景色です。
すぐそばの蓼科山の左後方に霧ケ峰、ず~っと奥には北アルプスが見えます。
目をやれば八ヶ岳はもちろん、乗鞍も御嶽も中央アルプスも…
なんてすばらしいんでしょう。(あ~、一眼レフがあったらなあ~。ぶつぶつ)。

  

083

  

北峰から見る南峰の後ろ奥に見えるのは南アルプスです。
ずっとこうして眺めていられたらなあ…。

  

086

  

…でも、そろそろ帰らねば。南峰に戻り、下に見える坪庭目指して下ります。
真正面に八ヶ岳がすっきりと美しい!
それにしても今年は、どの山も雪が少ないのが何とはなしに気がかりです。

ヒュッテに戻り、デポしておいたザックを回収したらすぐ下山と思っていたのに、上りの南峰ですれ違った20人ほどのスノーシューツアーの一行が折悪しく休憩終了で出発するところにぶつかってしまいました。この後ろに付くのは「ちょっと勘弁」です。

  

097_2

  

う~ん、15時のバスはあきらめましょ!
お腹も空いたので温かなスープなど飲んでまたひとやすみです。
ビスターリ…ビスターリ…お昼寝でもしたい気分です。
うん、こんなのんびりもなかなかいいかも。

  

120

  

じゅうぶん休んで、来た道を戻ります。
撮影会の人たち(北横岳ヒュッテに泊るそうです)がまだ途中のそこここで三脚を立てて良いアングルを狙っています。熱心で楽しそうなのはいいんですけど…、狭いトレースの途中なのでよけて歩くのがけっこう大変です。
坪庭探勝路に合流。「あっ!そうそう、一方通行だったっけ!」。

  

137

  

途中の斜面をシリセードで下りたり(いいトシして!…でも今日は帽子にネックウォーマーにサングラス。遠くからならトシなんてわからない…ハズだもんね?)遊びながら、雨池峠への道に合流。
赤布の付いた竹に沿って向こうに行けばすぐに縞枯山荘が見えるはずです。

  

153

  

時間のある限りお散歩してこようかと迷ったけれど、もう今日はじゅうぶん遊んだ気がするので、右に折れてロープウエイ山頂駅に戻ることにします。

  

真正面の頭上高くに午後の太陽が輝いています。途中で「まぶしいなあ」と空を見上げると、広い範囲に彩雲が!
なんて素敵なんでしょう!ああもう今日はほんとにこれでじゅうぶんです。

  

                        snow

  

060_2 カリフラワーや058 雪の衣の春菊のてんぷらや

  

113 ひっくりかえった蕪や114 チョコポッキー

  

のことなんか(って、食べ物ばっかり!)を「ふふふふふっ」なんて思い出しながら coldsweats01 、バスの発車までの時間をレストハウスで過ごしました。

  

ああ楽しかった。

  

pencil メモ
私が歩いた範囲はトレースがしっかりとついていました。つぼ足でも大丈夫そうでしたが、私は6本爪軽アイゼンにダブルストックで歩きました。

  

(山歩き №25)

« 街に暮らす鳥 3(ユリカモメ) | トップページ | 鬼打ち豆 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

冬山の雪景色素敵ですね。このような場所に立つ事ができたら感激しちゃうわよー
あまり無理をしないようにね

ときさん
360度見えて、素敵でしたよ。
でもね、この日はロープウエイで高いところまで行っちゃったので
あんまり歩かないでここへ来たんですよ~。
実は、3時間くらいのお散歩でした。
レポートできたら、また見てくださいね。

お帰りなさい!
あら~素晴らしい一日でしたね♪
お天気もいいし、展望も最高ですね!
北横方面からの南八つの眺めって素敵ですもんね。
我が家も北横行こうかって話していたので参考にしますね。

この間の天狗は一眼レフ持って行けなかったので
今度は持っていこうかな(^_-)-☆
我が家は土曜日はMSの配水管掃除点検の日だったので、
日曜にさくっと野鳥探しに出かけました。
あ~来週末は火災報知機点検!なぜかこの時期色々あるので悲しい~(>_<)

❀矢車草さん
移動時間にロスタイムが多すぎてとんでもなかったんですが
そのぶんを補って余りあるすてきな一日でした。
思い切ってでかけてよかった~。
wrench 「点検」って、ほんのちょっとの間なのに拘束されて…
でも、安全のため!がまんがまん wink

あ~ら・!! palletさん
何でもないように、ささっと行動しちゃうんですね(^-^*)

お天気の雪山
素晴しいですね。
ますます憧れちゃいます。
いつかきっと・・・♪

✿はなねこさん
いまは時間だけはたっぷりあるので、
いつもね「なにかおもしろいことはないかこんどはどこへ行こうか…」
ってきょろきょろしては計画して、あたためてるんです。
あきれてしまうでしょ coldsweats01
snow 雪景色きれいでしたよ~♪

palletさん、こんにちは。
昨日はありがとうございました!早速遊びに来ました~~!
土曜日、こんなに天気が良かったのですね、北横岳。
土曜日は仕事だったす、朝は天気がイマイチだったので諦めていましたが、山ではこんなに素晴らしい青空♪
ホント、わからないものですね。

ヤツへは交通費が往復1万円以上かかってしまうので、
ついつい長く滞在したいビンボー症がでて泊まりで計画してしまうのですが、
日帰りでも十分楽しめますね。
今度、どうしても!という時は私もpalletさんの真似しちゃおー!

>チョコポッキー
あ、ホントだ。palletさん鋭い観察力です。
カリフラワーも天婦羅もそうですよね、いつもその場では色々感じているのに、家に帰ると忘れちゃいます。
細やかな女らしさ、私も見習わないとです(~_~;)

✾cyu2さん ようこそ♪ 
さっそく来ていただいて嬉しいです。
ほんとに短時間のお散歩でしたが、北横岳楽しかったですよ。
交通費は…ほんとにね!
実は…以前は、金券ショップのあずさ回数券利用が多かったんですが、
今は…(年齢層がばれちゃう!?けど)JR東日本の「大人の休日」のそれも…coldsweats01sweat01
もう「ジパング倶楽部」(知ってるかなあ?)なので、ちょっと割安で行けるようになりました。
山も長くてあと10年かななんて思ってるので、
行けるときにせっせと行くようにしてるんです wink よ♪

こんばんは~

北横岳、行ってきたのですね。
樹氷、すっばらしくきれいですね~
私も日帰りで2度、泊まりで1度行っていますが、こんなに木々が真っ白だったことはなかったので、ほんと、この北横岳は素晴らし~い♪
青い空に白い樹氷の木々ってなんて素敵なんでしょう。
風もさほど強くなかったようで、いい北八ツでしたね。
バスの割引は知っていましたが、ロープウエイの割引は知りませんでした。
嬉しい情報、ありがとうございます。

sanpoさん こんばんは~
sanpoさんを見習って、せっせと歩いてます。
とってもいいお天気で楽しかったですよ。
帰りのバスがもう10分早く着いてくれれば、ちょうど良い電車があるんですけど、
どうにかならないのかなあって思いました。
ご一緒するの楽しみにしていま~す♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/33186419

この記事へのトラックバック一覧です: 1/30 北横岳:

« 街に暮らす鳥 3(ユリカモメ) | トップページ | 鬼打ち豆 »