« 1/26 少しでも見えると嬉しい | トップページ | 1/30 北横岳 »

街に暮らす鳥 3(ユリカモメ)

久しぶりに、港の方へ散歩に出かけました。…あっ、我が家から歩いて行ける距離に小さな港があるんです。

017

     名にし負はばいざこと問はむ都鳥 
                  わが思ふ人はありやなしやと

と『伊勢物語』にある「都鳥みやこどり」は、このユリカモメ(チドリ目カモメ科)のことだそうです。また、「…白き鳥の嘴と脚と赤き、しぎの大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ…」ともあります。(ミヤコドリはチドリ目ミヤコドリ科で、これとは違う鳥)って、にわか勉強デス coldsweats01 )…でもあれっ、ほんとだ!

021_2 022

寒くなるころ日本にやってきてひと冬を過ごします。

橋の欄干にずら~っと並んでいる様子は、坊主っくりの(いまどきそんな子いないけど)中学生が整列しているみたいでなんだかとっても愉快。

016 023

よくよく見ると、胸のあたりの白さやふわふわ感がマシュマロみたいでとってもかわいい。
でも、(日本では見られないけど)夏羽は頭が黒褐色なんだそうです。で、英名はBlack‐headed Gull と言います。(って、またまたにわか勉強で…smilesweat01)。

013_3 目の後ろの黒い斑点もヘッドフォンをつけてるみたいでちょっと楽しいし、羽根の付け根の筋肉?がたくましいのはさすが渡り鳥だなあと思います。

毎冬の「散歩コースのお楽しみ」、もうしばらくの間、楽しめそうです 。

(街暮らし №57)

後記 ; 春先にはあまり見かけなくなるので、その頃にはてっきり北の国へ帰っているんだと思っていましたが、ユリカモメは春の終わりころに冬羽から夏羽に換羽を終え、それから北の空に旅立つとのこと。
であれば、黒い頭のユリカモメも見るチャンスがあるということ?!ぜひぜひ見てみたいと思います。

chick 『街に暮らす鳥2(ヒヨドリ)』はこちらから。

« 1/26 少しでも見えると嬉しい | トップページ | 1/30 北横岳 »

街暮らし」カテゴリの記事

鳥・虫・樹・花など」カテゴリの記事

コメント

港が近くにあるなんて、これまたいいですね ♪
ずらっと並んだユリカモメが可愛く
アップで見る表情が、またまた味がありますね。
今までしっかりとは見たことがなかったのですが
今度ゆっくり観察してみようっと・・・
あ・、海辺に行ったら・・ですけど(^-^*)

✿はなねこさん
正面から撮った写真は、
カメラ目線を送ってくれた!?ので思わずシャッターを押したんですけど、
こうして嘴を真正面から見ると
★型になってるのがおもしろいなあと思います。

ユリカモメなんて可愛いんでしょ!
真っ白で綺麗だし♪
野鳥好きの私には興味深々です。
港が近いなんて、それはそれでちょっと羨ましいかも。
波が揺れてるの見てると時が経つの忘れそう・・・。
なかなか海辺に行くことはないけれども、
今度出かけてみようかな(^_-)-☆

❀矢車草さん
港っていっても、
波打ち際があるようなロマンチックな港じゃないんですよcoldsweats01
汽水域にある小さな船だまりって言った方がいいかもしれません。
でも、水のある風景ってなんだかほっとしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/33121887

この記事へのトラックバック一覧です: 街に暮らす鳥 3(ユリカモメ):

« 1/26 少しでも見えると嬉しい | トップページ | 1/30 北横岳 »