« 10/12 雲の文様 | トップページ | 10/18 巻雲 その2 »

10/18 巻雲 その1

「巻雲」は、雲の中では最も高度が高く、気温の低い所に現れるとのことで、
そのラテン語学術名Cirrus(シーラス)は、「巻き毛」を意味するそうです。

001_4                             【2010.10.18.西7:25】

なるほど、梳った髪の毛の一本一本がすっと伸びて、その先に巻き毛がくるくると集まったようように見えますね。

巻雲にはこのような毛状雲のほかにも、鉤状雲、房状雲などなどの種類があるそうですが、いずれにしても繊維状をした繊細な雰囲気を持った雲のようです。

                        cloud

爽やかな朝、すっかり秋になった空高くに美しい雲を見て、なんだかとても幸せな気分になりました。
今日の一日が、良い一日でありますように confident

pencil 参考 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%BB%E9%9B%B2

pencil ところで、
「くしけずる」ってキーを叩いたら「梳る」っていう漢字が出てきたので、「う~む!」と思わずつぶやいてしまいました。
イメージとしたら、
「柘植の櫛で黒髪をす~っと流れるようにとかす(梳かす)」ですものね。
こんな字めったに使わないので、あらためて「漢字ってすごいな~」って思ってしまいましたよ coldsweats01

pencil この日、夕方の空の様子も載せてみました(写真はこちらです)。

« 10/12 雲の文様 | トップページ | 10/18 巻雲 その2 »

空の色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/37285562

この記事へのトラックバック一覧です: 10/18 巻雲 その1:

« 10/12 雲の文様 | トップページ | 10/18 巻雲 その2 »