« 庄内地方(酒田・鶴岡)の旅 その2 | トップページ | きんもくせい »

庄内地方(酒田・鶴岡)の旅 その3

189_2
【JR東日本・大人の休日倶楽部ポスター/酒田駅で】

                私たちの「オトナの休日」もあっという間に最終日です。

                                   pencil その2はこちらから

               car 酒田その5 夢の倶楽
  

午後の列車で帰る予定なので、おみやげなどを買いにまた山居倉庫まで足を運びました。
山居倉庫は12棟ありますが、そのうちの1棟は「庄内米歴史資料館」、2棟が観光物産館「酒田夢の倶楽」となっていて、多種類のおみやげが売られています。
あとの9棟は現役の倉庫だそうです。あらためてガラス戸越しに覗くと、さすがに今は空調設備があるようでした。

  

157 午前中のケヤキ並木の様子はどんなだろうと裏手へ廻ってみると、観光客がたくさん。ツアーでやってくる団体さんも多いようです。
これでは人を入れずにこの景観を撮るのはちょっと無理かも。
一昨日、見学コースの最後に入れておいたのは偶然ですが、人も少なく西日の様子も撮れて、すごくラッキーだったなと思いました。

  

   

   

              car 酒田その6 旧鐙屋(あぶみや)

   

我が家にしては珍しくおみやげをいろいろ買い込んでから、旧鐙屋へ移動します。
旧鐙屋は、江戸時代を通じて繁栄した商都酒田を代表する廻船問屋だそうです。

  

ここは、お座敷を自由に見て回れて撮影も自由。では…

 

137 146
【店で商談中。「で、荷はベニバナ?米?…」】【店で商談中の様子が見えます】

  

140 148
【台所。おもてなしの料理見本がチョー豪華でした】【『日本永代蔵』にも登場】

  

145 144
【各部屋に火鉢や炉がありました。
            きれいなお座布団にはどんな人が座っていたのかしら】

   

152 石置杉皮葺屋根(右の写真/キャラメルの箱は私が置きました wink)の典型的な町屋造りです。
広すぎて冬は寒そ~っ。
庭隅の土蔵が小さな資料館になっていました。

   

   

               

                       car 酒田その7 舞娘茶屋 雛蔵畫廊 相馬樓

  

相馬樓は、江戸時代から料亭として開業していた「相馬屋」を修復し開樓。取り壊し寸前の所を救われて12年になるとのことでした。

  

006_2併設の「竹久夢二美術館」や土蔵に飾られている雛人形、樓主所蔵の書画などのほか、かつての茶室や客間などを見学することができます。

  

配られたパンフレットに「大胆な意匠と繊細な技巧」とありましたが、ベニバナ染めの畳などなるほど湊町酒田らしい雰囲気を色濃く残した建物です。

  

料亭なんてあまり縁がないので、とても興味深く隅々まで見て回りました。

    

さて、「庄内の旅」最後の食事は、この相馬樓で「舞娘弁当」(舞妓ではありません)を頂きました。今は、午前10時から午後5時の営業で、食事はお昼のこのお弁当のみだとのことです。(茶房あり)。
舞娘演舞付のお食事で、「オトナの休日」のフィナーレを飾るにはなかなか華やかで楽しいひとときでした。
  

樓内は当然撮影不可でしたが、この演舞のあとに舞娘さんと一緒に撮るのはOKと言うことで…

 

180shu_2 吉永小百合さんと張り合おうなんてことは coldsweats02 毛頭思ってはおりませんが…せっかくなので  coldsweats01

   

   

 

  

                                    お粗末さまでした。

                                              

おしまい。 

« 庄内地方(酒田・鶴岡)の旅 その2 | トップページ | きんもくせい »

旅 or おでかけ」カテゴリの記事

コメント

palletさん、こんにちは。

酒田、鶴岡、しっとりと落ち着いた いい街ですね。
それにしても、よく歩き回られたこと・・(^-^)
それだけ魅力的な建物や歴史がここにはあって
「オトナの休日」にふさわしい旅でしたね。
  
レポの中には知らないことがたくさん書いてあり
お勉強になると同時に、自分のからっぽさを恥じるばかりです。
     
palletさん
帯状疱疹ですか?
ずいぶん痛い病気だということですが、少しはいいのかしら
お大事にしてくださいね。

✿はなねこさん
気高いというか潔いというか…
酒田も鶴岡も、それぞれ独自の文化を持っていて、
東京一極集中的に毒されているところがまったくない感じがしました。
都会人の驕りを反省させられる思いです。
 
レポはね、帰ってきてからあれこれ読みなおしたりして
ホントにやっとこさ書いてるんですぅcoldsweats01
  
帯状疱疹、心配かけてごめんなさい。
手当が早かったせいかだいぶ良くなりました。
大事にしないと疱疹が消えたあとまで神経痛が残ってしまうんですって。
この夏の暑さのせいか、今年はこの患者さんが多いそうです。

palletさん、こんばんは♪

大人の休日満喫されましたね~!
最近観光とかさっぱりしてないからな~
とっても羨ましいです。

なかなか遠くて行けないところですが
いつの日か行くチャンスがあったらpalletさんのレポを
参考にしますね~!
舞娘弁当見てみたかったなぁ(^_-)-☆

え、帯状疱疹・・・大丈夫ですか?
私、クリニックで働いてるので時々見かけますが、
夏の疲れがでたのでしょうか?
私の祖母が悪化して(近所のやぶ医者のせいでね)
二週間入院したこともありましたよ。
まあ、祖母は年だったのと腎臓が丈夫じゃなくて
治療が大変だったからなんだけど。
あ、相棒も大学生の時帯状疱疹で入院したそうな(笑)遊びすぎ?
神経痛が残らないといいですね。お大事に!

palletさん、こんにちは。

鶴岡にこんな素敵な場所があるのを全くしりませんでした。
なんとなく長崎や函館のような雰囲気がありますね。
山居倉庫のお写真なんて「JR東日本」のポスターかと思いましたよhappy01
時代がちょっと違いますが、秋田角館の武家屋敷を見に行った時を思い出しました。
良いですよね~古き時代の美しい建物を残してるって。

そうそう、旅行を決めた発端が「美味しい魚を食べに行こう」
いいじゃないですか~~そういう贅沢な発想、大好きです^^
ワタシも一度やってみたいんです。
京懐石を食べる為だけに、新幹線に乗って日帰り京都へ。をwink

palletさん、帯状疱疹だったのですか?
ちらっとコメで読みました。
大分良くなられたみたいですけども、どうぞお大事になさってくださいmaple

❀矢車草さん 
たまにはこんな旅行もいいものでしたよ♪
ホントは、こんなに季節のいい時(は山に行きたいので)に行かなくともなんてちょっと思ってたんですけどね wink
舞娘弁当はそれなりでしたが、相馬楼は今は厨房がないので、外部で作ったもののようです。
でも雰囲気がなんともうきうきしてとても楽しかったです。
お見舞いありがとう。帯状疱疹、だいぶ良くなりました。
夏の暑さと、加齢のせい!?だったかなぁ。
hospital ところで、矢車草さんはクリニックで働いてらっしゃるのね!

❁かわみんさん
鶴岡は、わたしもちょっと想定外でした。
致道館や藤沢周平辺りは見なくちゃと思っていたのですが、
しっとりと落ち着いていているまち全体に魅せられてしまいました。
お魚ね、とっても美味しかった happy01
こんどはぜひ、かわみんさんも新幹線で京懐石に!ね wink
お見舞いありがとうございます。
もうだいぶ良くなりました。
来週あたりは、山mapleへも行けるかもと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/37042061

この記事へのトラックバック一覧です: 庄内地方(酒田・鶴岡)の旅 その3:

« 庄内地方(酒田・鶴岡)の旅 その2 | トップページ | きんもくせい »