« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

心に残る風景 2010 

              残すところあと一日となった2010年。

今年はもう少したくさんの山を歩けるかなと思っていたのに、日々の雑事とはけっこうあるものでなかなか思うようには行きません。それでも、山はいつも私を待っていてくれ、その時々に新鮮な印象を残してくれました。

254
          写真は、今年の夏山縦走で歩いた聖岳です。

その日の朝あの峰に立ち、15時過ぎに百間洞山の家に着きました。
そして…夕暮れまでの間、刻々と変化する雲の動きと夕焼けのグラデーションをずっと眺めていました。
なんと贅沢なひと時だったでしょう。
自分の足で歩いてここまでこれたことを、父に母に家族に素直に感謝する私でした。

                                       * * * * * * * * * * *

     この一年、「そらいろのパレット」にお立ち寄りいただいた皆様に
                心より御礼を申し上げます。

                    来る年が皆様にとって良い一年となりますように。

なぜか懐かしい

日向ぼっこをしながら、水鳥に餌を撒くおじいさん。

009_2
                          遠い記憶…晩年の父の匂いがする。

12/18 扇山・百蔵山

山ガール coldsweats01 4人での、楽しい happy01 おいしい delicious 忘(望)年山行 sun

027_2 

前日はこの冬一番の寒さだったというのがウソのような麗らかな山日和に
sanpoさんのお誘いで、忘年山行に行ってきました。

続きを読む "12/18 扇山・百蔵山" »

もうすぐ沈む

             雲に隠れた夕日が海に描く ひと筋のひかり

                ちいさな船の航跡と広がる波紋

021

                    きょうの一日が
                
                かくも美しく 暮れて行きます。

             

012_2        【千葉ポートタワー/夕日の写真はこの展望台から撮影 2010.12.10】

*夕日の写真の右手に見えるヨットの帆のようなものは、アクアラインの換気口「風の塔」ですpencil

12/8 晴れた朝(東京スカイツリー)

             夜のあいだ静かに降っていた雨が上がると
                 東京スカイツリーの後ろに
            真っ白な雪をいただいた山々が見えました。

017_2                                     【2010.12.8 7:54】

         暖かな日が続きますが 昨日は二十四節気の「大雪」。
            いよいよ本格的な冬が始まる予感がします。

30000

街に暮らす鳥 7(ヒドリガモ)

散歩コースの水辺に冬鳥がやってくるようになりました。
このころころっとした二羽の鳥はヒドリガモのつがいのようです。

024_5
一見したところでは地味な感じを受けますが、♂はなかなかのお洒落さん。

まず、頭央線部分は淡い黄色で、金髪に染めたモヒカンを気取っている…かな。
私が関心をそそられたのは、グレーの羽根部分です。
写真では良くわかりませんが(クリックして拡大してみてくださいね)、
まるでガンクラブチェック柄のジャケットを羽織っているみたい!
緑のベルトもとっても似合っていると思いませんか?
顔立ちもなかなかのハンサム…じゃなくてイケメンでしょ。

「ヒドリガモ」と言う名前、しっかり覚えましたよ~♪

街に暮らす鳥 6(ツグミ)はこちらからpencil

レース編み

                 12月を迎えた散歩道。

            すっかり葉を落としてしまった木々の中
            この桜の木だけが まだ葉を付けたままです。
           そばに寄ってみると たくさんの虫食いの跡。

003         

              下から見上げると 青空が透けて見え
                まるでレース編みのようでした。

                 もしかしたら 冷たい風は
                 葉っぱを落とさないようにと
                              枝を揺らさず
                          編み目の中だけを
                               「ひゅぅ」と
                 通り抜けて行くのじゃないかしらん
             

                             と 思います。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »