« 1/20 大寒 | トップページ | ポーラ美術館 »

1/26 明神ヶ岳

「箱根ポーラ美術館でやっている art アンリ・ルソー展を見に行こうか?」
「ついでに明神ヶ岳にでも登りましょう!」

047_4

どっちがついでかわからないけど coldsweats01、 金時山まで縦走するつもりで出かけました。

                       

                                                    event

   

この二つのイベントを消化するにはどこかへ一泊しなければなりません。珍しく乗り気になっている夫の気が変わらないうちにと、さっさと宿を決めてしまいます。

   

                        ticket

   

今回は、初日に箱根湯本から桃源台行のバスで約20分の宮城野支所前から登る計画を立てました。
乗車前に、湯本バスターミナルで車掌さん?たちが美術館の前売り券を扱っていたので、翌日に行く予定のチケットを購入。朝からラッキー、200円引きでした。

      

                                              bus * * * * *

      

宮城野支所前のバス停付近にはけっこう品数の豊富なコンビニがあり、バス停前の登山バス宮城野営業所には公衆トイレがあります。

  

「明神ヶ岳・明星ヶ岳」への道標はバス停からほんの少し戻った横断歩道を渡った所にあるので、以後も道標を見逃さないように住宅地のゆるい坂道を上って行きます。

    

006          

「明神ヶ岳近道」の道標?が現れたらそれに従って細い道に入り、しばらく行くと再び舗装路に出、工事中の看板の向こうにやっとハイキングコースの案内板を発見です。

  

ここからは薄暗いヒノキ林の中、ずっと別荘地の際を行くのでちょっと興ざめですが、別荘地の外れまで行くと舗装路を横切って今度こそ山道らしい道が始まります。

   

008            

ハコネダケの間を過ぎ、葉を落とした灌木の間を行くようになると稜線の向こうに広々とした青空が見えてきました。いいお天気ですが、少し雲が多いかしら。

  

010            

灌木の中のちょっとした急登をこなすと、鞍部でした。左・明神、右・明星です。
バス停から1時間10分のCTですが、私たちは1時間半ほどかかっています。
う~ん、コンビニの品揃え偵察したり coldsweats01、途中でお散歩中の別荘にお住まいの方とお話したりしながらのんびり来ましたし…。

     

026               

二宮金次郎柴刈り路の分岐からは、急に雪が残る道になりました。
わが家の辺りで週の始めにちらっと降った雨がここでは雪だったのでしょうか。

   

028               

ホントは、きょうももっと雪がたくさんあるところを歩きたかったんだけれど、思いのほかぐちゃぐちゃした所が少ないのでまあ良しとしましょう。

   

この辺りの両脇の木は何の木でしょう。新緑の頃はきれいでしょうね~。

    

030             

明神ヶ岳らしいなだらかなピークが見えてきましたよ。
写真では乾いた道が見えますが、ここまでの右手北側斜面の林の中にはずっと白く雪が付いていました。

   

036shu            

道了尊(最乗寺)への二つ目の分岐。ここを過ぎるとすぐに明神ヶ岳の山頂です。

  

山頂では、お昼を済ませた男性3人が金時山に向けて出発するところでした。
きょう初めて出会う登山者、お互いに「どこから?どこへ?道の様子は?」と情報収集です。
最乗寺から来たそうで、途中から雪が付いてたけれどぐちゃぐちゃだったとのこと。
私たちは北斜面を避けて正解だったようです。

        

                         fuji

                     山頂からは

     

037_2               

             霞んでいますが相模湾が見えています。

    

040                        

                正面に見える神山がりっぱです。
             大涌谷の白色は硫黄ではなく雪でしょうか。

              

明神ヶ岳の山頂は一面の裸地で、乾燥しているときには土埃、雪解け後にはこねこねの泥濘だったように思いますが、きょうは草付きがちょうどよい乾き具合いです。

  

039             

           金時山から続く外輪山ははっきり見えていますが
               残念、富士山は頭を隠していますよ。
           電車の中からはきれいに見えていたんですけれど。

   

                        riceball

  

先ほどまで男性たちが座っていた草付きでお昼です。ぽかぽかいい気持♪
でも、やっぱりじっとしているとわずかに吹いている風が冷たく感じられてきます。
さて正面の金時山に向けて?出発!

   

047_2      

秋にはフジアザミが咲くというガレた斜面を左に見下ろして進むと、広々とした下り道になりました。ずっ~と同じ景色を見ながらの下り道、ところどころ泥んこだしちょっと飽きちゃったかしら。
富士山や南アルプスが見えていればなあ。

     

051            

               で、歩いてきた道を振り返ります。
                  伸びやかな尾根道です。

   

053            

火打石岳の案内板を過ぎると北斜面を巻く道になり、一気に雪道になりました。
多少のアップダウンもあるので、夫が「お守り」に持ってきた買ったばかりの軽アイゼンを「試してみようかなあ」とザックから取り出します。

                   

                        bicycle

       

058shu_3 しばらく行くと、カーブの所で「こんにちは」の声。

   

え~っ!!
     

        

       

             

059_7 思わず「あらっ自転車なのぉ!びっくりぃ。写真撮らせてもらえますかぁ?」と言ってしまうと、とびきりの笑顔をかえしてくださいました。

   

「ありがとう、お気をつけて」。

    

     

苅川峠付近は背の高いハコネダケの間を登下降です。展望のない中、雪サクサクだったり、泥んこぐちゃぐちゃだったり、凍っていたりする道が繰り返します。

  

062            

遠くから見ると笹原の中を気持よさそうに伸びている道も、歩くと見るとでは大違い。
こういうのって、結構疲れます gawk
でも、時折展望が開けて、仙石原方面や丹沢・道志方面の景色が見えますよ。                        

                        

ハコネダケのトンネルを抜けると、目のまえに金時山が思いのほか大きな姿を現しました。

    

074             

「おい、けっこうあるぞ(行きたくないなぁ)。」
「ほんとだぁ。あれだけ下がってまた上るのやだなぁ(行きたくないねぇ)。」
「きょうは金時に行っても富士山見えないしなぁ(オンセンオンセン!)。」
「金時って、富士山見えてこそだものねぇ(オンセンオンセン!)。」

    

…ひとまず矢倉沢峠まで行ってみましょう。

     

079           

下に見えるTの字分岐を左に行くとすぐに矢倉沢峠です。
そこから金時登山口バス停までは山道を出たら別荘地の中を通っての30分ほど。

                        spa

「どっちでもいいよ(オンセン!)。」「どうしよう(キン…オン…)。」で、どうしたかと言うと

  

前回、乙女口から金時山に登ってここに下りている。最乗寺~明神ヶ岳~明星ヶ岳~塔ノ峰~箱根湯本はすでに歩いているので、ここで下りても湯本から乙女峠の稜線を繋いだことになる…』なあんていうもっともな?理由をつけて

  

…もちろん spa に直行でした。

  

おしまい。

     

pencil 明神ヶ岳(みょうじんがたけ) 1169.1m

pencil 2011.1.26(水)   私たちのコースタイムです(随時の休憩あり)。

箱根湯本(箱根登山バス)bus 8:43-宮城野支所前9:03/9:15…ハイキングコース案内板9:30…913m鞍部10:45…明神ヶ岳11:40/12:10…火打石岳下13:00…矢倉沢峠14:20…金時登山口バス停15:00.

*翌日は…http://pi-su60.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/127-77b5.pencil

« 1/20 大寒 | トップページ | ポーラ美術館 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

明神ヶ岳でしたか。
見晴しのいい好きな山です。
箱根の温泉にお泊りでしたか?

箱根の山はまだ未踏なんです!
温泉もくっつけて行きたいなって思っててなかなか実現しないの・・・
わぁ レポ楽しみに待ってますね

こんばんは~

✿はなねこさん
そもそもは…
温泉 spa に泊まりたかったんです coldsweats01
    
   
❀矢車草さん
箱根の山は、富士山 fuji が見えてこそ!
晴れた日sun に温泉 spa も絡めてぜひどうぞ!

そういうことでしたか・・(^-^*)
金時山って、確かに富士山抜きでは考えられないですものね。
あのハコネダケの道は、眺めていると気持ちよさそうだけど
実際はけっこうなアップダウンがありますね。
温泉と美術館でしっかりリフレッシュできましたね♪

✿はなねこさん
富士山が見えなくても、雪でもたっぷり付いていれば
また違った楽しさがあったんでしょうが、ちょっと残念。
いつかないつかなと思っていた雪、今晩から降りそうですね。
ルソー展もなかなか楽しめましたよ♪

今更だったらゴメンナサイ。
palletさんのご主人の登場、ブログ初登場ですか?!
山登り、お二人でいつも行かれていたのですか?
なんだか初めて拝見するような気がして・・・
    
            
>「きょうは金時に行っても富士山見えないしなぁ(オンセンオンセン!)。」

あはははは~とってもよく解ります♪

で、どちらの温泉に入られたのですか?
箱根は温泉絡めたいエリアなので興味津々★
           

✾cyu2さん
オットは…こんなふうに登場するのは初めてかも。
「山、付き合ってやってもいいよ」なんて
(恩着せがましく/ここ強調)言ってるので
これから時々登場するかもしれません。よろしくお見知り置きを。
箱根は、あちこち温泉だらけなので、より取り見取り。
翌日の予定にあわせて選ぶとよいと思います。
仙石原周辺は「観光施設めぐりバス」が走っていて、
ポーラにもそのバスで行けますよ♪

palletさん  こんばんは~

明神ヶ岳から見る笹道越しの金時山は気持いいですよね~
でも富士山が見えないと登り返す気力が萎えちゃうの、分かります!
登ったとしても富士山に雲がかかっていれば、その記憶が抜けちゃう事もあるし・・・(笑)

ところで、cyu2さん
palletさんのご主人って素敵な方なんですよ。
以前、尾瀬に行った時、バス停までの時間をお聞きしたのがpalletさんご夫妻だったようで「すれ違っていたようです」って、後日メールを下さったのがpalletさんとの最初でした。
あの時、とても懇切丁寧に説明して下さったのがご主人で、
隣でニコニコ笑顔で立っていらしたのがpalletさん。
知的な雰囲気のご主人で、『感じのいいご夫婦だな~』って印象に残っていました。
是非、またご夫婦で登場して下さいね。
素敵なご主人様によろしく。

cutesanpoさん
このコメントの後半は…coldsweats02
管理者権限でボツにしようと思いましたよcoldsweats01

今回の明神ではご主人、初登場ですね?^^
もしかしてずっと以前からお二人で登ってたのでしょうか?

山から下りたら温泉spa
切っても切れない縁ですからね♪
温泉あっての山・・・あ、山あっての温泉ですか^^

矢倉沢峠って文字を勝手に「矢倉岳」と勘違いして
『明神から矢倉岳?うっそー!箱根の温泉から遠のくぢゃん』
などとアホな勘違いいたしました。
今宵のお宿はどちらだったのでしょう?
最近、箱根はスルーするだけで全く寄ってないので箱根で温泉羨ましいですcrying

❁かわみんさん
わが家は箱根からはビミョーな距離なんです。
日帰りすることもありますが、
泊まって翌日美術館などっていうことが多いかな。
夫は山ヤではないのですが、体力はあるので?
ごくたまに wink一緒に歩きます。
  
いま、かわみんさんのところへお寄りしました。
かわみんさんも初山だったのね♪
このあとまたお邪魔しま~す。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/38636776

この記事へのトラックバック一覧です: 1/26 明神ヶ岳:

« 1/20 大寒 | トップページ | ポーラ美術館 »