« 3/5 北八ツ その1(渋の湯から高見石) | トップページ | ふたたび 三月十日  »

3/6 北八ツ その2(高見石~茶臼山~縞枯山~ピラタス)

きょうはひとまずピラタスまでの予定ですが、時間はたっぷりある(はずな)のであせらず進みましょう。 

156                               【縞枯山展望台 2386.8m】

                                         レポその1は(こちら)から。

                        snow

        きょうのお天気は下り坂、でも午後早くまでなら大丈夫。

          

100

                   

       朝の青空の下、森の中を白駒池目指して歩き出します。

          

P1030963_2                                      
青苔荘脇に出ると、山荘前の雪道がそのまま白駒池に続いています。
むこうに見えるのは白駒荘、池は凍っているので歩いて行けるそうですが…やっぱりちょっと勇気がいるかな。

           

116_2
ちょっと戻って駐車場方面へ進み「白駒の奥庭」へ入ります。雪のないときにはなるほど日本庭園のようなところですが、きょうはホイップクリームのような雪がやわらかないい感じを出しています。

           

118_2
               おやおや、うさぎさんの足跡が…

            

122
樹々の間に麦草ヒュッテの赤い屋根が 見えてきました。白駒池までお散歩にでも行くのでしょうか、向こうからカラフルないでたちの何人かが空身でやってきましたよ。

             

140
麦草ヒュッテでトイレを拝借。おみやげに「きのこバンダナ」を買いました。早いけど、ついでにティータイム。ちょっとのんびりムードです。
さてさて、ルート299を横切って大石峠方面に入ります。大石峠を越え、風で飛ばされそうになりながら中小場を過ぎて、茶臼山への急登をこなします。

           

141
樹林(コメツガ?オオシラビソ?)に囲まれた何ということのない茶臼山山頂(2384m)。樹林帯の中は風を感じないのですが、私がストックの調整をしている間にこの先の展望台まで行ったゆきさんが「すっごい強風だったあ」と帰ってきました。

            

145
茶臼山を下り五辻への分岐を過ぎて今度は縞枯山へ向かいます。

P1040034_8 山頂手前の縞枯山展望台(2386.8m)からもぐるりの展望。
さっき越えてきた茶臼山の左手後ろに南八ヶ岳の面々、右奥に南アルプスが見えています。

右の写真は、あとからやってきた青年に問われて、苦手なくせして山座同定をしているワタクシであります。

           

157 

         

お腹がすいてきたのに、座れるような場所はないし風は強いしで、ランチの場所を探しながら進みます。展望台から戻って少し先に進んだ所に小広い恰好な場所がありましたよ。
標識に従って左へ直角に曲がると、縞枯山はもうすぐです。

         

165_2 
左手からすごい風が吹き上げ、左前方遠くに北アルプスの山々が見えます。
周りが縞枯れ現象そのものの樹々になって、知らなければここが山頂だなんて誰も思わないでしょと思う縞枯山頂に到着です。

           

175_2
プチ縦走もここまで。
山頂からの樹林帯の狭い急な下り道を、時にはグリセードのように滑り降ります。
ここも雪のない時にはとっても歩きにくい道ですが、きょうはだんぜんラクチンです。樹林帯が途切れて向こうに雨池山が見えてきたと思ったら、もう雨池峠に着きました。

「ここは峠です」と言うように、雪の中にぽつんと立っている標識がなんだか可愛い。

          

178
左へ行くと、青い三角屋根の縞枯山荘が見えてきました。ちょうど、スカートにブーツの女性二人が出てきたのでびっくり。観光客のみなさんの中には冬でもロープウエイでここまで来る人がいるのかしら?
広々とした雪原には縦横にスキーやスノーシューの踏み跡がありますが、ちょっとでもはずすとずぼっと潜ってしまいます。気をつけなくっちゃ。

          

184
坪庭からの一方通行の下り口を過ぎると、ピラタスロープウエイ山頂駅がすぐそこです。カラフルなウエアのスキーヤーやボーダーで賑わっていて、一気に下界へ舞い戻った気がします。

          

187_2  
予定通り15:00のバスに乗るとすれば、北横岳をピストンするには微妙な時間。雲も増えてきたので、身繕いを済ませてから空身で坪庭を散策するにとどめました。
ゆきさんが北横岳に行ったことがないので、昨日のような良いお天気だったら次のバスにしてでも行ったに違いありません。ちょっと残念。

                アカゲラさん、ではまたね♪

            

pencil 2011.3.6.(日) (のんびり~なな私たちのおおよそのコースタイム/数字は通過時間)
高見石小屋7:30…白駒池8:10…麦草ヒュッテ9:30…茶臼山11:00…縞枯山12:30…雨池峠12:50…ピラタス山頂駅13:10.

          

pencil 麦草峠の駐車場にあるトイレ toilet は冬季閉鎖とのことです。

              

pencil 私たちは、二日間とも6本爪軽アイゼンで歩きましたが、慣れた人ならつぼ足でも大丈夫だったかもしれません。

« 3/5 北八ツ その1(渋の湯から高見石) | トップページ | ふたたび 三月十日  »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

「レポ・その2」の完成、楽しみにしてました。
2日間とも晴れて、よかったですね。
風は手ごわいですね。寒かった?でも、強風もよい経験かも・・・。
>山座同定をしているワタクシであります。
ワァ~。palletさん、たのもしい!素敵(?)なお兄様に頼られるなんて・・・。
夏に歩いたとき、高見石でオコジョに会いました。かわいかった!


cherry アイさん
ほとんど樹林帯の中だったので、風はそんなには感じなかったの。
でもひとたび樹々が途切れると、
カメラのシャッター押す瞬間も身体を振られちゃうのよ~ bearing
>ワァ~。palletさん、たのもしい!素敵(?)なお兄様に頼られるなんて・・・。
えへへ~ coldsweats01 (ポリポリ)。

こんにちはー。

>黒百合の混雑を避けて高見石に来たと

情報ありがとうございました。やはりあそこは毎年混むんですね、多分・・・
来年以降の参考になりました。
しらびそ小屋でメルヘンもいつかしてみたいんですけどね・・・また今年も逃しました。

茶臼への登り、結構きついですよね。
でもこの天気なら、その辛さも楽しさに変わるんですけどね♪
北ヤツ、雪があるほうが歩きやすいと私も思います(天気なら)大きな岩乗り越えたりしなくていいですもんね。
わたしもpalletさんに山座同定してもらいたいです♪

今年は皆さんの雪山レポの青空率が高い気がするのは私だけ~?
羨ましいです!

✾cyu2さん
天狗に登る人はたぶんみんな黒百合泊りなんで混むのでしょうね。
しらびそは新緑のころも好いんじゃないかしらん。
私の青空率が高いのは、天気悪い日には「や~めた」って止めてしまうからかな~。
でも、ホントにこの冬の太平洋側の週末は晴天の日が多かったですね。

palletさん こんばんは~!

その1も拝見しましたよ(^^♪
まず賽の河原・・・こんな雪だったら私もまた行きたい!
やっぱりこの時期が雪いっぱいで狙い目なんですね 八ヶ岳は!

縞枯 茶臼もまだ歩いたこと無いの
雪があるほうが歩きやすいものね
行きたいな~まだ間に合うかな~(^^)

オレンジのパンツに赤いジャケットの方
探さなきゃ~!
最高のお天気のフカフカ雪
私まで嬉しくなっちゃっいました
良かったですね(#^.^#)

このコースもいいですね♪
しっかり覚えておかなくちゃ・・

山座同定の写真ね
お二人寄り添っているように見えたので
ご主人と仲がいいんだわぁ♪  と思ってました。
若者ね~ それもいいなぁ (^_^;)

❀矢車草さん
北八ツは、雪があるときのほうが歩きやすいかもって、改めて思いました。
高所恐怖症のワタシは、高見石の石の隙間もいつもは怖いんですよ~。
>オレンジのパンツに赤いジャケットの方
これ、すごい色彩感覚でしょbleah
いつも、なんだかな~と思いながら「まっ、いいか、遭難しても目立つもんね~」って。

✿はなねこさん
初日に麦草ヒュッテまで行っておくと
翌日、北横岳ピストンできるんじゃないかなあと思います。
>若者ね~ それもいいなぁ (^_^;)
はなねこさんったら happy01.
若者が地図を広げてたんで、それを覗き込みながらしてたんですぅ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/39164079

この記事へのトラックバック一覧です: 3/6 北八ツ その2(高見石~茶臼山~縞枯山~ピラタス):

« 3/5 北八ツ その1(渋の湯から高見石) | トップページ | ふたたび 三月十日  »