« 梅雨明けの予感 | トップページ | 月の上を飛ぶ »

夏雲湧く

都心の昼下がり、空に湧く雲ももうすっかり夏の顔。

004
2011.7.12.13:14.東京国立近代美術館・工芸館

半信半疑だった(私だけ?)早い梅雨明け…やっぱり間違いないようですね。

                        art

所用で都心へ出たので、ついでに東京国立近代美術館で開催中の「パウル・クレー おわらないアトリエ」展を見てきました。
おもしろい切り口の展示と、多数の日本初公開の作品でなかなか楽しい展覧会でした。(7月31日(日)まで開催)。

共通券で「所蔵作品展」も見れたので、久しぶりに教科書でおなじみの作品をひととおりと、欲張って、工芸館で開催中の「しまシマ工芸館」(これもおもしろかった)も見てきました。

…で
芸術家ってすごいな~、と思って帰ってきました confident

005_2

展覧会に行くと、いつもは目録とポストカードを買うことが多いのですが、今回はなぜか最初にこのリングと目が合ってしまって…。
クレーっぽいデザインに魅かれてついはめてみたら、サイズがぴったり。

で… bleah

« 梅雨明けの予感 | トップページ | 月の上を飛ぶ »

旅 or おでかけ」カテゴリの記事

コメント

palletさん、ものすご~くお近くにいらしてたんですね♪
美味しいうどん屋さんでランチしたかったな~。
・・・なんて今日は忙しくて全然余裕の時間がなかったんでした^_^;

でも今日は少し雲が合ってしのぎやすかったですよね。
昨日いらしてたらアスファルトで目玉焼きになってたかもですよ?
自分家の周りより、会社周辺は気温が絶対1~1.5度違うと思う!

✾cyu2さん
>美味しいうどん屋さんでランチしたかったな~。
あらら残念!私、うどん大好きなの~。
あの辺、食べるところ全然ないし
美術館のレストランは長蛇の列だし…で、
結局、飲まず食わずで家に帰ってきてしまいました~coldsweats01

palletさん

例のクレーですね。
いいなぁとは思っても
暑くて都心へ向かう気がなかなか起きません。
というか、休日は山に行きたいですしねcoldsweats01

palletさん、おはようございます。
クレー展、この春に京都で行われた展示を見てきました。ふしぎな展示配列でしたよね。あとで目録をみて、やっと全容がわかったような・・・。
昨日は僕も新宿に出かけていました。気になっていたCDと、洋服と(こちらはみるだけ)覗いてきました。

都内は暑さもすごいけど、なんといっても音が絶え間ないです。田舎住まいをしていると、無音の状態がないとなぜか落ち着きません。

✿はなねこさん
例のクレーです。
なかなか見ごたえありましたよ。
>というか、休日は山に行きたいですしね
ふふふ、よ~くわかります wink

pen waheiさん
京都にお出かけになったときのレポ読んで、
私も行かなくちゃと思ったんだったかもしれません。
スイスに行ったとき(海外旅行って、これと昨年のガーナだけなの)
ベルンで泊ったのが「クレーの宿・ナントカ」というホテルだったの。
インテリアのしつらえがクレーの絵から出てきたような雰囲気で
その時は、クレーか~なんて思っただけだったんですが
古い建物だったので、何か由緒があったのかもしれないと今頃になって思ってます。
今回は目録買わないで…なので、あとからちょっとおまけの文付け足しました coldsweats01

palletさん こんにちは♪

クレー展のことすっかり忘れていましたよ!
もう週末は山で忙しいし 
こういう文化的なこと なおざりでイケナイ私です
palletさんのところでお勉強しなくっちゃ♪

31日までですかぁ 
色々忙しいから 行けるかなぁ 
相棒は興味ないから一人で行かないとだけど…

指輪も素敵❤
装飾品をちっとも買わない私ですが 時々ムショウに欲しくなります♪

❀矢車草さん
お仕事に行かない日に、相棒さんを送り出してすぐに出かければ、
お昼少し過ぎにはおうちへ帰れるんじゃないかな。
クレーって、clover クローバーっていう意味だってこと
矢車草さんに教えていただいたんでした。
なかなかおもしろい展覧会でしたよ。
指輪なんてほとんどしたことがないのに、なぜだか買ってしまいました。
もっとも、おもちゃみたいなものだけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/40783767

この記事へのトラックバック一覧です: 夏雲湧く:

« 梅雨明けの予感 | トップページ | 月の上を飛ぶ »