« 8/3 花と展望の縦走路① プロローグ(扇沢~種池山荘) | トップページ | 8/5 花と展望の縦走路③ (新越山荘~針ノ木小屋その1) »

8/4 花と展望の縦走路② (種池山荘~新越山荘)

朝起きるとガスと雨でした。風も結構強く吹いていて、みなさん思案顔。
天気予報では台風の情報も飛び交っています。     

142
オオバタケシマラン                         
                                    pencil レポ①はこちらから

ぐずぐずしているうちに、出発予定時間を一時間も過ぎてしまいました。
私たちの足でこれから針ノ木まで行くのには少々無理がありそうです。
一度は「撤退しようか…」と思いましたが、「いやいや新越まで進んでから決めましょう」ということになりました。

            

                   * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

   

ここから針ノ木岳までは立山や剣岳、鹿島槍から白馬の山々がぐるりと見えるはずの展望の稜線。…このお天気では、とても望めないテーマです。

   

でも、地図には✿マークがたくさん付いていますよ。足元に咲く花なら見えるでしょう。時間もたっぷりあるし、写真でも撮りながらゆっくり行きましょう。

    

095

   

何も見えないガスの中、雨に打たれながら出発です。
種池の脇を行きテン場を抜けるとすぐにキヌガサソウの道が始まりました。

             

101102105111113
117

118_5      

林の中の道は所々ぐちゃぐちゃですが、開けた場所に出ると、たくさんのお花たちが次々に…♪
写真は拡大できますが、ボケてるものも多くて…coldsweats01

        

           

119_2
120_5123_4
130_5135136

         

晴れていれば周りの山々が見えて歓声をあげるところでしょうが、このお天気では足元の花を愛でるしかありません(花の写真ばかりで…なんだかなあ think )。

      

126_2

      

それにしても、なんてお花の種類の多いトレイルでしょう♪
でも最初の予定通りだったら、こんなにゆっくりしてはいられなかったはず。
「かえってよかったかもね」なんて…負け惜しみ?です。

          

137139125_2140138_2
143_2            おや、少し日が差し始めましたよ。

       

153

   

「あっ…」。一瞬、ガスがすっと切れて、遠くの山々が見えました。
まだ、歩きだして一時間ほどです。
「やっぱり、予定通りに出発すればよかったかなあ」と、今度はちょっぴり後悔?
気持ちが忙しく揺れ動きます…でも、今更言っても、ね。

         

147_3150_2151
155158
159          まだまだたくさんのお花が出てきます。        

               

163             

このヒメキシタヒトリ(姫黄下燈取)というガは、好天の日中、高山の草原を飛び回るガで、近年、減少している貴重な種なのだそうです。

                     ということは…このまま晴れてくれるのかしら。

    

161_2
171172
177180183_2184188192197198
201

      

また湧き出たガスの中、雪融け間もない細い尾根を行くと、前方にやっと岩小屋沢岳(2630.0m)山頂が見えてきました。

          

200

                  

ここで、歩き始めてからおよそ3時間。たくさんの写真を撮って遊びながらだったので、すごい時間がかかっています coldsweats02
でも、いつのまにか雨も止み、風もなくなって青空が広がり始めました。
嬉しいような、残念なような複雑な気分です。

        

206             

見えるはずの立山や剣岳方面の稜線にはまだ雲がかかっていますが、前方の視界は開けて、ハイマツの緑が広がる気持ちのよい稜線歩きになりました。
足元下のほうに動くものを感じて目を凝らすと、ライチョウを発見。
ライチョウさんの赤いアイラインはとってもキュートだと、いつも思います。

         

208221240216241
214                           

「コゴメグサの花弁にある黄色い斑点は、ハートマークだわ!」なんて思いながら写真を撮っていると、目の前をなにやら大きな動物が横切って行きました…
「ぎょっ… coldsweats02 」。

       

                   

お猿さんの家族?でした。ざっと数えると大小取り混ぜて7匹。
どうやら、先ほどから落ちていたハイマツの実の食べ散らかしはホシガラスではなく、このお猿さんたちの仕業のようです。
で、この若いお猿さんが、登山道の真ん中にず~っと陣取って動きません。

     

230
                               

「もぐもぐ」しては一呼吸おいて私のほうを「なんだおまえ」という顔をして見つめます。
近づきながら熊鈴を鳴らしたり、「ちょっと~、どいてくれませんか~」なんて叫んでも「ふんっ」 coldsweats01
すぐそばの木の枝につかまっている子ザルさんたちは、私が顔を向けるとその都度「やばっ」って感じで逃げていくのですけど…。

     

232

      

時折、向こうの稜線がふわっと現れるようになったので、彼らのお食事が終わるまで景色を眺めながら待つことにします。やれやれ。

       

246                   

のんびりのんびり来たのに、11時前に新越山荘に到着してしまいました。
予定通り停滞決定。どうやら私たち二人が、きょうの宿泊者第1号のようです wink
それにしても、ここまでに出会った人は数えるほどしかいませんでした。
なんて静かで楽しいことのいっぱいあったトレイルだったでしょう。
負け惜しみでなく、「思いがけずゆっくりと歩くことができて良かったね。このまま明日戻っても惜しくないわね~」とゆきさんとふたりでうなずいてしまったほどでした。

   

                        beer

             

でもまあ、なにはともあれ、おいしいラーメンとビールをいただいて…
ひとまずお昼寝 タイムです sleepy

                    

251_2

              

 confident … sleepy … sleepy … sleepy
         confident    confident        
                   これは夢?
                          いったいなんの虫だろう… sleepy sleepy 

                                                                       

253

     

お昼寝から覚めて散歩に出かけていた途中で出会った山荘の荷揚げ風景でしたcoldsweats01
またまた湧きだしたガスに覆われて、何度もチャレンジしてやっと荷を下ろすことができましたが、持ち帰る荷を付けることはできなかったようです。

     

243                    

この日の新越山荘では、最終的に6人の女性部屋(最大20人とのこと)に、私たちと今朝早く扇沢から登り始めた和歌山からの単独の方、そして3人パーティのちょうど6人でした。
この方たちもまた、素敵な女性たちでした。
                               さて、明日はどうなるかしら…。

                   

                           pencil レポ③へ続きます。(こちらから)。

    

pencil 2011.8.4(木)   ※超のんびりタイムです。随時休憩。

種池山荘6:30…岩小屋沢岳9:25/9:40…新越山荘10:50.

« 8/3 花と展望の縦走路① プロローグ(扇沢~種池山荘) | トップページ | 8/5 花と展望の縦走路③ (新越山荘~針ノ木小屋その1) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

素晴らしくたくさんのお花たちですねー。
やっぱり来年は行きたいです。

というのも、ちょっと不思議な感じ♪
実は、お天気が悪くて最初の山行を中止にした後
同じコースを考えていたのです。
我が家は長旅はできないので、針ノ木雪渓を下るつもりでしたが。

海の日の連休は、唐松五竜を候補にしていたら
sanpoさんや cyu2さんが行ってらしたし
何なんでしょうね (^-^*) 嬉しいけど・・・。

今晩は。
晴れた景色も良いですが、雲の湧く風景もなかなか
良いものですね。この間だけまだ未踏ですが、
画像を見れば見るほど行きたい所になりました。

happy01 こんばんは
   
✿はなねこさん
景色が見えていたら、たぶんお花の写真を
こんなにたくさんは撮れなかったでしょう。
     
>同じコースを考えていたのです。
クルマ派のはなねこさん家だったら、
前夜のうちに扇沢に入れるでしょうから
早朝に歩きだして新越と針ノ木の2泊で行けますね。
ぜひ、お出かけになって♪
  
  
art インレッドさん
のんびり山行で、あきれられたのではありませんか ??
新越から針ノ木の間がまたいいのです♪
…って、「続きを見なさい!」っていう押し売りみたいですね coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/41132485

この記事へのトラックバック一覧です: 8/4 花と展望の縦走路② (種池山荘~新越山荘):

« 8/3 花と展望の縦走路① プロローグ(扇沢~種池山荘) | トップページ | 8/5 花と展望の縦走路③ (新越山荘~針ノ木小屋その1) »