« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

10/29 紅葉狩り(笠取山・石保戸山)

182_6

奥多摩おしかけ隊 coldsweats01 の第3回山行。
久しぶりにみなさんとご一緒して、楽しい一日を過ごしました。

pencil レポはこちらから

おしらせ (^^ゞ

022_6 『蓋(マンホール)など』カテゴリーに新しい記事(№009~013)を載せました。ちょこっと coldsweats01 覗いてみていただけると嬉しいです。
こちらからどうぞ。

蓋013 ふたつの山

三の沢岳からの帰りに駒ケ根駅付近で見かけました。
駒ケ根市は「アルプスがふたつ映えるまち」をキャッチフレーズにしているようです。

222
                   JR駒ケ根駅前で/駒ケ根市/長野県/2011

060 図案中央のウエーブは天竜川。両脇のすずらんの花は市の花だそうです。
東側に南アルプス「仙丈ヶ岳」と西側に中央アルプス「宝剣岳」を表現しているとのことですが、わざわざ方角を謳ってあるところを見ると蓋の向きもそのように取り付けられているのかもしれませんね。

(宝剣岳/2011年7月)

蓋012 天竜市

郷里へ帰った友だちを訪ねて天竜市へ出かけました。
図案は、市の花・やまゆり、市の鳥・キセキレイ、市の木・杉だそうです。

056_2
                                天竜市/静岡県/2007

068帰りに浜松市の秋野不矩美術館へ寄りました。この美術館は、藤森照信氏設計の独創的な建物で、一度訪ねてみたいと思っていたのです。
そこには、秋野不矩(あきのふく)さんの凛とした日本画にふさわしい素敵な空間が広がっていました。

蓋011 戸隠山

たくさんの人に踏まれ続けて?こんなにすり減っています!
図案は、戸隠山をバックに旧戸隠村の村の木『白樺』と鳥は『シジュウカラ』とのこと。

022_2
                        戸隠神社前/長野市/長野県/2008

007 雨飾山の帰りに、戸隠神社へ寄り道した時に撮りました。
紅葉見物ついでの参拝客で、鉄の蓋がすり減るのも無理ないかな~と思うような混雑ぶりでした。

(雨飾山/荒菅沢の紅葉/08年10月)

蓋010 合掌造り

五箇山・相倉合掌集落の側溝の蓋

204

                                    南砺市/富山県

215_3

観光資源(世界遺産)とはいえ、
集落の人々は、今もこの合掌造りの家で暮らしている。

余計なことだが…洗濯物などどこに干しているのだろう。 

    

    

※後記
合掌造りの家はもともと3階部分に干しものなどをするのだそうです。風も通り、冬場は下階で炊く囲炉裏の熱が循環してよく乾くそうです。さすが雪深い土地に建つ家の持つチカラ! 隅々まで行き届いていて凄い!!と思います。            

蓋009 りんご

善光寺参りの参道で見かけました。
名産の apple 信州りんごとりんごの花です。かわいらしくて、おいしそう delicious

012_2 
                                                           善光寺参道/長野県/2009

013 ちょうど、八百屋さんの店の前にありました。
さすが!と思ったのですが…、お店にはりんごよりネクタリンのほうが多い?
りんご収穫期前の夏だったので、仕方ないかなあ。

嬉しいたより

「野菜持ってきたの。駅で会わない?」
ひと月前に大きな手術をした友だちからの電話です。

003_2

家庭菜園で採れた新鮮な野菜を届けてもらったのはもちろんだけれど、
「病院以外へは初めての外出なの、きょうはここまで来れたってわけ!」と言う彼女の明るい顔が何より嬉しかった。

カラフルなピーマンが「元気よ!」と言っているようにも見えました。
それにしてもさつまいも、重かったでしょう?

10/19 天高し(夕焼けとスカイツリー)

     

     いくら世界一高い鉄塔だといっても、いくら日本一高い建築物だといっても
                さすがに天を突きぬけるほど高くはなく              

016               2011.10.19.17:11. 

            天はまだまだ高くまで、夕焼けに染まっています。      

                       

青い実・青い珠

秋の野山を歩くと、たくさんの実を付けている草や木に出会います。
赤や黒や緑や紫…なかでも、こんなきれいな青い実を目にすると、
つい立ち止まってしばしのあいだ見とれてしまうのは、私だけではないでしょう?

273_2
ツバメオモトの実 / 2011.9.27.尾瀬・燧ヶ岳見晴新道

ツバメオモトの実の青は、ハッと目を引く美しいブルーです。
…もしかしたら、こんな色を瑠璃色と言うのでしょうか。

014

山の中でツバメオモトの実と出会うたびに「ああそうだ…」と思い出すのが、
ラピスラズリのピアスです。
けっこうお気に入りのピアスなのですが、アクセサリーとしては色味が強すぎるような気がして、普段はなかなか出番がありません。
でも、この季節になると思い出したように(…って、そのとおりなのですが)取り出しては、
いっとき、街の中で楽しんでいます。

                              いまちょっと調べてみましたら、
                              なんと、ラピスラズリの和名は「瑠璃」なのだそうです confident

10/9 寒露・十三夜

きょうは、二十四節気のうちの「寒露」でした。
ものみな清々しく感じる季節になりましたが、朝晩はずいぶんひんやりとして、うっかりすると風邪を引いてしまいそうです。

370_3
笹の葉の上の露 / 2011.9.28.初霜の尾瀬ヶ原で

きょうはまた、旧暦の9月13日で十三夜のお月見をする日だったようです。
先ほど空を見てみましたが、あいにく雲の多い空模様で、どうやらきょうのお月見はダメみたいですね。

                                                       fullmoon

十三夜のお月見は枝豆と栗を月にお供えするので、豆名月・栗名月ともいうのだそうです。
お月見はダメでしたが、我が家では高野豆腐と野菜の炊き合わせの青みに枝豆を散らしたものと栗ごはんを食べ、豆名月・栗名月の雰囲気をちょっとだけ味わいました。
山ばっかり行ってるので… coldsweats01
たまには、街暮らしのアクセントにこんなこともしてみないとね wink

9/28 尾瀬ヶ原 (尾瀬 その3)

416
2011.9.28.尾瀬ヶ原から至仏山

           ♪ まなこつぶれば なつかしい
                      はるかな尾瀬 遠い空

                           

                               pencil 尾瀬 その2 はこちらから

続きを読む "9/28 尾瀬ヶ原 (尾瀬 その3)" »

9/27 燧ヶ岳 (尾瀬 その2)

167_3
2011.9.27.尾瀬沼に映る燧ヶ岳

            ♪ 霧のなかに うかびくる
                    やさしい影 野の小道 

                               

                                pencil 尾瀬 その1はこちらから

続きを読む "9/27 燧ヶ岳 (尾瀬 その2)" »

9/26 尾瀬沼へ (尾瀬 その1)

133
2011.9.26.夕焼けの尾瀬沼から燧ヶ岳(2356m)

             ♪ 夏がくれば 思い出す
                     はるかな尾瀬 遠い空

すでに季節は秋ですが…

続きを読む "9/26 尾瀬沼へ (尾瀬 その1)" »

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »