« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2/29 なごり雪

うるう年でなければきょうから三月なのに
外には、この辺りとしたらめずらしい勢いのある雪が降っています。

028
                              2012.2.29(水).12:31.

続きを読む "2/29 なごり雪" »

2/19~20 丹沢主脈縦走その2(丹沢山~蛭ヶ岳~焼山)

丹沢主脈縦走二日目。きょうは丹沢最高峰の蛭ヶ岳(1672.7m)を越えて焼山登山口へ下山する予定です。

222
      蛭が岳山頂から西丹沢の山々と富士山、その右手に南アルプス

お天気は文句なしの快晴。素敵な稜線歩きが期待できそう♪
でも、下山口のバスがたった一本しかないのがちょっぴり心配です。
間に合うかしら…。
                            pencil その1は「こちら」から

続きを読む "2/19~20 丹沢主脈縦走その2(丹沢山~蛭ヶ岳~焼山)" »

2/19~20 丹沢主脈縦走その1(大倉~丹沢山)

かれこれ15・6年ぶりの丹沢山です。
前回は、まだ少しは若かった私とさらに若い山仲間二人との主稜縦走の途中でした。その時の宿泊予定地は、この先の蛭ヶ岳山荘。

104
    丹沢山(1567.1m)山頂に建つみやま山荘 2012.2.19(日)16:32

最初からピッチの速い若い人たちについて行けなくてもう進みたくないほどよれよれになった私が、この写真のつきあたりに見えるベンチの辺りに座っていたのが目に見えるようです。
みやま山荘は7・8年前に立て替えられているのでもちろんベンチも同じものではないでしょうが、恨めしげに山荘を見ながら休憩していた自分の姿を「ここ、ここ」と苦笑しながら思い出してしまいました。

きょうはゆきさんと二人、もちろんここに泊ります。

続きを読む "2/19~20 丹沢主脈縦走その1(大倉~丹沢山)" »

蓋038 白鳥の湖

『カラダよろこぶろぐ』のcyu2さんからいただきました。
5年の歳月をかけてみごとなダイヤモンド富士をゲットした日の、特別な shine お土産です。
わ~い、嬉しい~!!

Cyu2 
                     山中湖村/山梨県/2012/©cyu2

図柄はもちろん「富士山」、そして、山中湖に浮かぶ白鳥です。

山中湖の白鳥はコブハクチョウという種類で、山中湖村観光課によると現在は50羽ほどが年間を通して棲みついているそうです。
湖畔の民宿のご主人が給餌を続けて、ここまで増やしたとのこと。
そのせいか、この白鳥さんたちはとても人懐こいんだそうです。

                                               shine

ところで、メールで「山中湖の蓋送ります」と言っていらしたcyu2さん。
追伸で「山中湖の蓋…ってどんだけ大きいんじゃ」って…
自分で突っ込みを入れてどうするんじゃって思いましたけど、あまりのおかしさに思わず吹き出してしまったワタシでした。

いつも楽しいcyu2さん、ほんとうにありがとう happy01

2/19~20 丹沢主脈縦走

191_2

この冬に行こうと決めていた丹沢主脈を歩いてきました。
大倉尾根から塔ノ岳を越えて丹沢山のみやま山荘に泊った翌日は、
朝から真っ青な空が広がる素晴らしいお天気でした。

                          pencil レポその1は「こちら」から。 

丹沢山の朝

136
2012.2.20.5:53

              すばらしき有明の月。

                         pencil この日の山行記録は「こちら」から

蓋035~037 雨水

明日(2月19日)は、二十四節気のひとつ「雨水」です。

「…雪が雨に変わる、雪や氷が解けて水となる…。しかし実際に雪が降りやすいのは、立春・雨水の頃であろう。このころから農耕の準備にも力が入る…。」と『日本大歳時記』にありました。

Photo_11

 

                         

                        
                                                

           

               

              

035・恵比寿ガーデンプレイス/東京都/2012

                          で、話は変わってマンホール蓋の話です…

続きを読む "蓋035~037 雨水" »

2/11 三ツ峠(表登山道から) その②

          その①(こちらから)でちょっと寄り道をしてしまったので、仕切り直しです coldsweats01

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

スノーハイクを楽しもうと三ツ峠へ出かけましたが
麓から見た感じではなんだかあんまり雪がついていません。

023
                       いこいの森付近からの三ツ峠

でも…雪がないとしても、この抜けるような青空なら頂上からはきっとすそ野をきれいに引いた素敵な富士山が見えることでしょう♪

続きを読む "2/11 三ツ峠(表登山道から) その②" »

2/11 三ツ峠(表登山道から)その①

スノーハイクを楽しもうと三ツ峠へ出かけました。

027
                    * いこいの森付近から見た三ツ峠? *

でも、麓から見た感じではなんだかあんまり雪がついていません…

                                              catface

それにしても、表登山道から見た三ツ峠はほんとにピークがみっつ!
「開運山、木無山、御巣鷹山の三山を合わせて三ツ峠山という」(昭文社山と高原地図より)、まさにそのとおりの姿です。

                              しっかし~…

このレポを書くのにいろいろ調べていましたら、三ツ峠の場所等については異なる説があるのに気付きました。

続きを読む "2/11 三ツ峠(表登山道から)その①" »

蓋034 三ツ峠

きのう(2/11)は、スノーハイクを楽しみに三ツ峠へ出かけました。
ところが、2・3日前に降った雨で雪はだいぶ融けてしまっていてちょっぴり残念 catface
でも、町なかでデザインマンホール蓋をいくつか発見しましたよ♪

012_3
                         西桂町/山梨県南都留郡/2012

010_2町の花「スイセン」、町の鳥「シジュウカラ」。そして背景には町から見える「三ツ峠」が描かれています。
▽を三つ組み合わせたような町章は「西カツラ」と読めるんですよ。

007_3三ツ峠は、町の人たちにとってとても身近な存在なのでしょう。
登山姿の私たちに「みづとうげへ行くのか?」とか「雪あるよ~」とか「帰りにふもとの風呂に寄ってくといいよ」とか、出会う度にみなさんが親しげに声をかけてくれました。

pencil この日の山行レポはこちらから

街に暮らす鳥 10(ゴイサギ)

英語名はBlack-crowned Night Heron(黒冠夜鷺? coldsweats01)と言います。
すごくわかりやすいですね~。

044_2
                                                                           2012.1.27.

日本では夏鳥または留鳥だそうです。
で、なぜ Night かと言うと、夜行性のサギ類だとのこと。
エサも夜間に水辺で獲るって言うんですけど…この写真を撮ったのはちょうどお昼どきだったんです。う~む。
そういえば、散歩中にここでゴイサギを見るのは初めてかもしれません。

040    

    

んっ?

何か見つけたようです。  

048_2                        

じ~っ…

鋭い眼をして獲物を見据えます。

050_3

    

GET!

何をつかまえたんでしょう?

   

90000

蓋033 船とサザンカ

水しぶきをあげて海原を力強く進んでいるのは、江戸時代に船橋港に出入りした「五大力船」。赤白の花は、市の木サザンカだそうです。

           サザンカは冬の花ですが、この明るく軽やかな色遣いは
           「立春」のきょうにぴったりの雰囲気のような気がします。

007

                              船橋市/千葉県/2012

031_6 船橋のまちを歩き路地に入り込んでみると…昔からの雰囲気そのままがまだ色濃く残っている場所があったり、新しく建ち並んだマンション群の足もとに古いお寺や小さな神社が鎮座ましましていたりしました。

新しいものと古いものが混在しているまちは人間味溢れていて、私はこういう雰囲気って大好きです。

pencil 写真は「船橋」の地名の由来が書かれているプレート(海老川橋で)。
  クリックで拡大します。

pencil 「船橋・津田沼」;雑誌『散歩の達人』2012年1月号特集で「豊かな自然と街場のほどよい関係が今なお上手に保たれている」と紹介されていましたよ♪

1/29 川苔山

         “凍った滝見たい(隊)”で川苔山へ出かけました。

120129hg              川苔谷/凍った谷筋の桟橋で。2012.1.29.©Hg

           積雪はどのくらい?
           百尋の滝の氷結度はどうかしら?
           わくわくしながら、いざ出発!

続きを読む "1/29 川苔山" »

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »