« 蓋034 三ツ峠 | トップページ | 2/11 三ツ峠(表登山道から) その② »

2/11 三ツ峠(表登山道から)その①

スノーハイクを楽しもうと三ツ峠へ出かけました。

027
                    * いこいの森付近から見た三ツ峠? *

でも、麓から見た感じではなんだかあんまり雪がついていません…

                                              catface

それにしても、表登山道から見た三ツ峠はほんとにピークがみっつ!
「開運山、木無山、御巣鷹山の三山を合わせて三ツ峠山という」(昭文社山と高原地図より)、まさにそのとおりの姿です。

                              しっかし~…

このレポを書くのにいろいろ調べていましたら、三ツ峠の場所等については異なる説があるのに気付きました。

三ツ峠はその三山の総称ではなく「水峠」「三峠」由来と述べているこちらのサイトには、「ほんの少し前までは地元の方は”みづとうげ”と言っていた」との記述がありました。

   

007

でもなあ、昭文社の地図には「木無山・開運山・御巣鷹山の三山を合わせて三ツ峠山という」って書いてあるし…
だとすれば、町から見えているこの三つのピークがその三山だと思うんだけど。
それに、ふもとに住むひとがあの三つのピークを見て「みつとうげ」というのはとっても自然ななりゆきのように思うんだけど…強引かなあ?
あれっ?ここからは五つに見えるか…

そしてっ…

なんと、この日往き道で出合ったおばあさんに確かに私は「みとうげへ行くのか?」と声をかけられていたのでした。

あらあら…そうとあっては無視できません  です。

                  

                     flair

前から不思議に思っていたけれど、山なのに峠というのもなんだかヘンです。

                                 

001_2グリーンセンターの案内板にもこんな図がありましたし(拡大 search してみてくださいね)… 

   

    

    

                              

Ar00254801開運山下の道標も「木無山← 三ツ峠山頂↓ 御巣鷹山→」となっています(写真はほかからお借りしました)。

   

    

      

    

034

登山口となっているだるま石の案内板にも「水」に関する記述が…

          

072  092  103  123  
初滝          三段の滝       七福の滝       白竜の滝 

そういえば、昨年夏に歩いた北口登山道からの道々には滝がたくさんあって、この山が水の豊富な山であることがよくわかります。

             

                      train

…富士急行線の「三つ峠」駅は、以前は「小沼」駅だったそうです。

               

                    

う~む、謎が深まるなあ。
もう一度「表登山道」から歩いてみたいなあ…と私は思います。

                     

                     

同じく上記のサイトを読んだ山友のゆきさんは、「今度グリーンセンターに泊って北斗七星を見てみよう」と言っています。
このサイトの北斗七星の記事もとてもわくわくする記事なのです♪

                  
ぜひご覧あれ。

さてさて、そろそろ本来の山歩きレポにとりかからねば・・・・・・・ run
                                その②へ続きます(こちらから)。

pencil こちらの記事(プロローグ?)も…

« 蓋034 三ツ峠 | トップページ | 2/11 三ツ峠(表登山道から) その② »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

★palletさん

ほんとに謎は深まるばかり。

「みつ」が「三つ」だとしても、「とうげ」とは何ぞ?峠が3つあるためには、ピークは4つ必要。奥多摩の「三ッドッケ」みたいなことかなあ。

多分正解は一つじゃなくて、永い時間の中で様々な習俗や言い伝えや時には言葉そのものが重なったりずれたりして来たんだよね。

「白馬」がシロウマからハクバになってしまっても、「黒い代掻き馬」の記憶は雪形とともに残っているように。

おもしろーい!
って面白がってばかりいないで、片付けしなくちゃ。アイゼンなんて枯葉をいっぱい串刺しにしたまま。

snow ゆきさん こんにちは
そうよね~flair
峠が3つあるためにはピークは4つなくちゃだったわ coldsweats01
そんなことより、アイゼン早く片付けないと錆びちゃうわよん smile

★palletさん、palletさん、昨日書き忘れたこと。
このレポ、かなーり「のぞむさん調」じゃありませんか。
(のぞむさん、もし御覧になったとしても、
見ず知らずとはいえ愛読者の失礼、お許し下さい)

今晩は。
峠ならば昔からこれから行く道の安全と、今まで通って来た道の無事を祈って手を会わせて拝む所。手向け(たむけ)が峠になったと聞いています。上と下の分岐点が峠と思いますので、やはり私は、みづ峠かなーと思います。西桂町のキャッチフレーズは今でも、「山と水の町」ですから。

snow ゆきさん
「しっかし~」と「そしてっ」のことかな?
そんなつもりはなかったんだけど…

art インレッドさん こんばんは
>西桂町のキャッチフレーズは今でも、「山と水の町」ですから。
そうなんですよね。なんてったって「山と水の町」ですもの,
私も「水峠」だったんじゃないかと思います。
差し当りの問題は(って、問題とすればですが)、
今まで三ツ峠と思ってた一番左のピークが木無山じゃなくて、
屏風岩(とグリーンセンターの案内板には書いてあります)
だということの衆知だと思うんです。
  
…と、「スノーハイキングを楽しむ」にプラスして
思わぬテーマを推理?して楽しんでいます coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/44094657

この記事へのトラックバック一覧です: 2/11 三ツ峠(表登山道から)その①:

« 蓋034 三ツ峠 | トップページ | 2/11 三ツ峠(表登山道から) その② »