« 雨の日 | トップページ | 三月十一日 / 赤は底の色 »

rosemary

007_2
Are you going to Scarborough Fair?
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Remember me to one who lives there,
For she once was a true love of mine.

    

『スカボロー・フェア』という曲の一節です。
原曲は英国の古いバラードとかで、私の青春時代 coldsweats01 にサイモン&ガーファンクルがデュエットで歌ってヒットしました。
目をつぶると、ささやくような透明感のある彼らの歌声が耳によみがえってきます。

パセリ, セージ, ローズマリー そして タイム.

みんなハーブ(香草)の名前です。
それぞれの花言葉や効能などが伏線(象徴)として生きて、この歌に意味を与えていると言うようなことをどこかで読んだ覚えがあります。

009_7 我が家のベランダにはそのうちのひとつローズマリーがあって、この寒空の下でも薄いブルーの小さな花をたくさん咲かせています。
葉を少しなでただけで、からだじゅうが浄化されるようなとてもいい香りが立ち昇るんですよ confident

ちなみに、ローズマリーがあらわしているのは、貞節・愛・思い出だとか…。                  pencil 写真はクリックで拡大します。

« 雨の日 | トップページ | 三月十一日 / 赤は底の色 »

街暮らし」カテゴリの記事

コメント

ローズマリー、気持ちが清々しくなる香りですよね。
アロマオイルでは覚醒効果があるなんていわれますよ。
花も可愛らしいし、丈夫で育てやすい植物ですよね。

サイモンとガーファンクル、それぞれがソロになってもずっと好きでよく聞いています。
で、本文中に「英国」とあったのですが、出身はNYなので、「英語」か、もしくは「米国」かな、と思いました。

pen waheiさん こんにちは
私がちょっと紛らわしい書き方をしてしまったようで、ごめんなさいです coldsweats01
本文、直しておきました。これなら少しはいいかしら?
 
我が家のローズマリーは、
ともだちのところからもらった小さなひと枝が大きくなったものなの。
ほんとに丈夫で、手もかからないいい子なんですよ♪

今晩は。
ローズマリーもセイジも我が家には沢山ありましたが。妻が病気で入院して以来すっかり少なくなってしまいました。それでもまだ少しは咲いています。
スカボロ フェア は私も好きな歌です。歌声が何と言っても綺麗ですね。

art インレッドさん こんばんは
ローズマリーをお庭に植えてあるお宅は多いですね。
花もかわいいし、いい香りがするし一年中緑だし…。
スカボロー・フェアは郷愁を誘うメロディもすてきですね。
ハーブの名の羅列のところは、リズミカルでとても印象深いです。
奥さま、お大事に。

palletさんこんばんは♪

もうローズマリー咲いてますか?
我が家にも這うタイプのと立つ種類のがありますよ^^
まだ咲いてない気がするな~
ローズマリーは可愛い花を咲かせて目も楽しませてくれますよね~♪
害虫にやられることも絶対ないし♪
そう言えばイタリアンパセリを育ててた時
腹ペコ青虫君に食べられ、あっと言う間に丸裸になりました。
犯人の青虫君は我が家の葉物を食い漁り
立派なクロアゲハになりました♪


❁かわみんさん こんにちは~
かわみんさん家にもローズマリーがあるのね♪
もう、っていうか冬じゅう咲いてくれてました。
そういえばローズマリーって、花期はいつなのかなあ。
ウチのはどちらかというと這うタイプかも。
クロアゲハになるまで葉物を食べちゃった青虫君、
きっとかわみんさんに感謝したことでしょうね~ happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/44400629

この記事へのトラックバック一覧です: rosemary:

« 雨の日 | トップページ | 三月十一日 / 赤は底の色 »