« 6/24~27 青森へ その1 | トップページ | 6/25 八甲田山①大岳(青森へ その3) »

6/24 三内丸山遺跡~酸ケ湯温泉(青森へ その2)

青森の旅一日目は、ヒバ千人風呂で有名な酸ケ湯温泉を目指します。
            
                                                    (青森へ その1)はこちらから

073
                       湯けむりのあがる酸ケ湯温泉旅館ヒバ千人風呂塔屋
     
         
                       spa
                              
新青森にはお昼の到着。予約しておいた駅レンタカーがこの旅の足になります。
私はいまどき運転免許を持ってないヒトなので、夫がずっと運転手さんです。
    
時間があるので、酸ケ湯へ行く前にひとつふたつどこかへ寄って行きましょう。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
          

003まずは、国特別史跡の三内丸山遺跡へ向かいました。
夫は10年以上前に一度訪れていますが、私は初めてです。
江戸時代から知られている有名な遺跡だとのことですが、ここは思ってもみなかったほど素晴らしい遺跡でした。
                   

インフォメーションセンターの『縄文時遊館』2階から遺跡へ向かうと、丘のような場所から全体が見下ろせました。

            

022
         
八甲田の山々を背にして竪穴住居などが復元されている様子が見て取れます。
         
007

    
おや、村びとたち?がぞろぞろと歩いて行きますよ。
どこへ行くのかしら。私たちも行ってみましょう。
               
010

    
ほぼ一時間おきに行われているボランティアガイドさんと一緒に歩いている方たちでした。私たちも、途中から入れていただきます。

                   
011_4
             
ここの復元住居の材質が色々なのは、茅葺とは限らないのではないかとの推察からだとのこと。
家の中には入ってみることができます。
これは、元祖タンポポハウスみたいな住まいですね。
          
            
016

  
竪穴住居跡。
これまで550棟以上見つかっていて(すごい!)、15棟が復元されているとのこと。
二世帯住宅もあります。

         
015
            
住居の真ん中には炉があって、この火を囲んで家族が暮らしていたのでしょう。
見えている明かりは入口からの光です。
           

035
          
高床式の建物もあります。

ガイドさんの、ゴミ捨て場であった谷についての説明などからは、縄文人の生活が生き生きと具体的なイメージとなって目の前に現れてきました。

       
025
        
三内丸山遺跡のシンボル的な建物。
太い柱で組まれた櫓状の建物の使途はまだ不明のようですが、
大屋根の建物は集会所・共同作業所・冬の共同住居などの説があるそうです。
なにかあると、こんなふうに村びとがここへ集まってきたのだと思います。
             
            
030

      
中はこんなに広くて二階もあります。炉が三か所にあったそうです。
不勉強な私は、縄文時代ってなんとなくまだネアンデルタール人みたいな人々が風雪に耐えて生きてるって感じがして仕方なかったのですが、これは考えを改めねばとつくづく思いました。
             
              
039
       
ところどころにあるドームで覆われた遺跡に入って見れば、そこにも縄文人の文化の高さを見ることができます。
そして、時遊館の中にある『さんまるミュージアム』も必見です。
重要文化財に指定されたすばらしい出土品などがたくさん展示されています。
          
          
042
           
これは?
出土品の「装飾品」の展示場所にミシン糸の糸巻きのようなものがあったので「なんだろう?」と思って見たのですが…。
娘さんの髪を梳いているお母さんの耳にある…これこれ!ピアスだったのね。
          
                            *
     
と、こんなふうに…
縄文人さんたち coldsweats01 がぐんと身近に感じられる展示になっているんです♪
世界遺産にとの動きもあるようですが、たしかにこの遺跡はすばらしかった。
皆様も、訪ねられた際にはぜひガイドさん(無料)と一緒に歩かれますように。
      
             時遊館の中で食事も済ませて、次は青森港へ向かいます。
       時間が許せばお隣の県立美術館でシャガールも見たかったのですが…
         
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
                    
青森港では、迷わず展望台へ。
     
047
         
おお~、船が向かっていく先に北海道が小さく見えて(写真では見えない?)います。
右手に張り出しているのは下北半島。
写真には写っていませんが、左手には津軽半島も見えています。
          
            
052
          
明日登る予定の八甲田山頂は雲に覆われていますなぁ catface
でも、見えているだけいいかしら。岩木山は雲の中でしたから。
             
            
059
          
何度か来ている夫は、すっかりきれいになってしまった青森のまちになんだか感慨深げです。
          
                さて、遅くならないうちに酸ケ湯温泉へ向かいましょう。
       
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
                       
        
酸ケ湯温泉では、有名な混浴の大浴場がある酸ケ湯温泉旅館に泊ります。
    
070
          
ここへ来て千人風呂に入らなければ…お話になりません。
う~ん、しかし。
しかし! 最近?朝晩の8時から9時の間は女性専用になったとのこと。
こんなチャンスはめったにありません…ということで入ってみましたよ。
          
072
                      湯けむりの出ている所が千人風呂部分の建物。
             

写真で見ていた通りの広々としたお風呂場で、とってもいい気持。
お湯は白濁しているし、それとなく「男←→女」の仕切りもあり、女性の脱衣所から湯船まで衝立で目隠しされている部分もあって、これなら混浴の時間でも入れそう。
「うまくできているなあ」と感心してしまいました。
               
078
              女性専用の玉の湯(けっこう広めです)、男性専用風呂は狭いとのこと。
     
もちろん、私が入ったのは女性専用の時間ですが、ほかに男女別のお風呂もあるのでいつでもお風呂には入れます。
       
082
                         浴衣の模様「高原の夢 ♨ すかゆ ♨」
            
古い宿ですが、素朴な雰囲気がいい感じです。
お料理も決して豪華ではありませんが、山の宿らしい好ましさでおいしい品々が並びました。
            
077
        
夕飯の済むころ、夕焼けが広がりました。
明日は、ここから八甲田山に登ります…いいお天気になりそうです♪

               
             pencil 八甲田山(青森へ その3)へ続きます(こちらから)。         
 

« 6/24~27 青森へ その1 | トップページ | 6/25 八甲田山①大岳(青森へ その3) »

旅 or おでかけ」カテゴリの記事

コメント

あーやっぱりpalletさんらしいいい旅をされたんですねー!

そう、山ばかりで満足していないでその地域の文化に触れることも
大事なことですよね←自分への反省(笑)

縄文人ってこんな文化を持っていたとは驚きですね。
ネアンデルタール…ドイツで住んでいたとこのそばで、
行ったことあるんだけど、もう忘れたなぁ。
タールって谷って意味なので、ネアンデルって谷ってことですかねー
(いい加減なこと言ってはダメですねー)

酸ケ湯温泉、女性の時間が出来たとは朗報です。
いつか行ってみたいですー。

❀矢車草さん おはようございます
>縄文人ってこんな文化を持っていたとは驚きですね。
私も、具体的に縄文人の生活がイメージできて、目からうろこでした。
ここは、有名観光スポットだからとそんなには期待せずに行ったのですが
ほんとにすばらしかったです。
でも、ガイドさんと一緒でなければ、こんなにも感激しなかったかも。
矢車草さんも、ガイドさんと一緒にね!
そうそう、後で気がついたんだけど、入場料もかからなかったんだったかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/46002093

この記事へのトラックバック一覧です: 6/24 三内丸山遺跡~酸ケ湯温泉(青森へ その2):

« 6/24~27 青森へ その1 | トップページ | 6/25 八甲田山①大岳(青森へ その3) »