« 蓋049 水芭蕉 | トップページ | 7/29~31 吊尾根を歩くその1(上高地~岳沢) »

7/27 夕焼け

久しぶりに、柔らかな色合いの夕焼けが広がりました。

024_2
2012.7.27.19:02

じりじりと焼けつくような一日でしたが、夕方になると少し風が出始めてほっとひと息。
しばしきれいな空を見上げてしまいました。
明日もまた暑い一日とか。
どうぞみなさま、熱中症に注意して楽しい週末をお過ごしください。

« 蓋049 水芭蕉 | トップページ | 7/29~31 吊尾根を歩くその1(上高地~岳沢) »

空の色」カテゴリの記事

コメント

日中の蒸し暑さは半端じゃないですが、木陰に入ると、いくぶん過ごしやすく感じます。
昨日は息子と五日市に行ってきました。青梅とはまた違った雰囲気がありますね。
五日市憲法のことを調べて気づいたのですが、この草案をつくった中心人物の千葉卓三郎、じつは仙台のひとなんです。地元出身ではない人間が、この地で才覚を発揮できたのは、もちろん地元の名家深沢家に理解者がいたからですが、こういった気風が、青梅の「とにかく地元の人が一番」という気風からすると、おおいな魅力を感じます。

palletさん、こんばんは。
ご無沙汰しています。
いつも気に掛けていただいてありがとうございます。

週末は仕事で名古屋でした。
名古屋の夏は暑いです。
でも、やっぱり夕焼けは綺麗でした。
歩道橋の上から夕焼けをぼぉーっと眺めていたら、大丈夫ですか?と声をかけられました。
親切に感謝しつつも、大人が夕焼けを眺めているのは異様な光景なのかなとも思ったり・・・。
それとも、私に悲愴感でも漂っていたのかな? coldsweats01

どこにいても、空は眺めていたいなと思った夏の夕暮れでした。

pen waheiさん おはようございます。
お返事遅くなってスミマセン。日曜日から北アへ出かけていました~。
五日市憲法のこと、知らなかったのでちょっと調べてみました。
千葉卓三郎という方は、近代的な考え方を持っていた人のようですね。
知識と教養のある深沢家の方々にとって、自分たちの気持ちを代弁してくれる
大切な人だったのかもしれませんね(…って、にわか勉強です)。
私にとって、青梅も五日市も「東京の西」で同じ所のように思えるので coldsweats01
それぞれ、土地柄というか気風が違うって、ちょっとびっくりでした。

clover ヒサさん おかえりなさ~い。
また来てくださって、とってもとっても嬉しいです。
お仕事も遠方までお出かけのようでご苦労様 …まあ、お茶でもどうぞ cafe

>歩道橋の上から夕焼けをぼぉーっと眺めていたら、大丈夫ですか?と声をかけられました。
きゃっ、これマズいかも~ coldsweats01

>どこにいても、空は眺めていたいなと思った夏の夕暮れでした。
歩道橋の上だけは、これからはやめた方がいいかもですね wink
また遊びに来てくださいね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221309/46487810

この記事へのトラックバック一覧です: 7/27 夕焼け:

« 蓋049 水芭蕉 | トップページ | 7/29~31 吊尾根を歩くその1(上高地~岳沢) »