« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

7/27 夕焼け

久しぶりに、柔らかな色合いの夕焼けが広がりました。

024_2
2012.7.27.19:02

じりじりと焼けつくような一日でしたが、夕方になると少し風が出始めてほっとひと息。
しばしきれいな空を見上げてしまいました。
明日もまた暑い一日とか。
どうぞみなさま、熱中症に注意して楽しい週末をお過ごしください。

蓋049 水芭蕉

いつも楽しさいっぱいのレポでみんなを和ませてくれる矢車草さんから、
会津駒ケ岳&尾瀬のおみやげにいただいたマンホール蓋です。
                     

468
桧枝岐村/福島県/©矢車草 2012
                       
「咲いてま~す」って言ってるみたいなかわいい水芭蕉のデザイン。
私の第一印象は「ビスケットみたい!」でした。
この蓋、おやつにちょっとつまんで食べてしまいそう…な気がしませんか?
   
水芭蕉は桧枝岐(ひのえまた)村の村の花で、真ん中は村章だそうです。
ところで…あれこれ考えたら…この写真はどうやら逆さまのよう coldsweats01
上下逆にしてみるとひらがなで「ひの」までわかったのですが…
うふふ、楽しい!
矢車草さん、すてきな蓋をありがとうございました~♪
  
                  sun
    
7月23日九州地方の梅雨明け、昨年より15日遅い梅雨明けだそうです。
                    
             

238_3気象庁による初めての短文注意情報で「これまで経験したことのないような大雨」と表現された大雨と被害を九州地方にもたらした梅雨前線が、やっと姿を消しました。
いよいよ本格的な夏が始まります。
水芭蕉の花ももうお仕舞い。
また来年どこかでお会いしましょうね。
画像の水芭蕉は 2012.6.26 八甲田山で。

7/22(大暑) 太宰治の夾竹桃

夏の花 夾竹桃が花盛りになりました。                                        
                                                                                                    
012shu_2
千葉県船橋市市民文化ホール前広場 2012.7.21

008 夾竹桃は、私が通った高校の校舎と校庭
の境にたくさん植えられていて…
私にとってはあまり思い出したくない高校
時代とは裏腹に、その高校時代を思い出
させる懐かしい?花となっています。
ところで突然ですが、
この写真の夾竹桃は…作家 太宰治ゆか
りの夾竹桃なんですよ。
(写真は説明板;クリックで拡大します)。

いまどきの高校生は太宰治などあまり読まないのでしょうが、『斜陽』の子である    

006太田治子さんが私と同世代とあってか、
この時代(大昔です coldsweats01 )の高校生は太宰
治を(わかってもわからなくても流行に乗り
遅れまいと wink )よく読んだものでした。          
                        012_3    
    
       
         

    

         

       

       

太宰がもっとも愛着が深かったという旧船橋町の太宰旧居近くの川を渡る橋の欄干
には、いま、こんなレリーフが飾られています。

7/16 暮れゆく空

青い空に、白い紙粘土をちぎって貼り付けたような雲が散らばっています。
低くなった太陽に下から照らされて輝いているような様子から目が離せなくて、
しばらくの間じっと見入ってしまいました。

004 011 020 026
   18:35          18:38            18:48            19:04

027_2
19:04  東京スカイツリーの後ろに奥多摩の山々が見える
   
そのうちに日が沈み…
広がった夕焼けは、梅雨明けが間近いことを告げているかのようでした。
   
                    < 7/16 東京の日の入りは18:57>

   
               pencil 後記;7/17午前11時、気象庁発表によると
            関東甲信、東海、近畿、中国・四国で梅雨明けとのこと。
120000

優雅な黒い翅

いつもの川べり散歩コースで、黒い翅をひらひらさせて優雅に飛ぶトンボを見かけました。
カワトンボでハグロトンボ(♀)というようです。
                    
 
008
2012.7.10(火)晴れ

すごくすらりとした感じのトンボで、大きさは5・6cmほど。
ゆらゆらひらひらと飛んではアジサイの葉に止まり、ゆっくり翅を閉じてはまた時折ゆっくりひらひらと開きます。
026 翅を開いたところはまるで4弁の花びらを持つ花のよう、そして、飛ぶ姿は竹トンボのようでした(あれ、竹トンボがハグロトンボのようなのかな?)。
アジサイの花もまだたくさん咲いている中、何度もその動きを繰り返しているのが何とも素敵で、私はしばらくの間写真を撮るのも忘れて見入ってしまいました。
                   
010 翅を開いたところの写真を撮りたかったのですが開ききるのはほんの一瞬で、私の腕ではちょっと無理。
悪戦苦闘している私を尻目に、アジサイの葉の間へ消えて行ってしまいました。
また会えるといいな…。

005この日は、こんなチョウも見かけました。アカタテハと言うそうです。

ハグロトンボが淀んだ水を好むということと共にHgさんに教えていただきました。

006_5     
    
     
翅の裏が道路のモザイク模様とよく似ているように見えるのは、私の気のせいかしら?
            

蓋048 りんご(弘前市)

岩木山への行き帰りに弘前のまちを歩いて見ました。
密かに「ねぷた」のデザイン蓋を期待していたのですが、
デザインマンホールらしきものはこれしか見かけませんでした。 
※青森では「ねた」、弘前では「ねた」。
              
9
弘前市/青森県/2012
    
真ん中の「卍まんじ」は市章です。
まちのあちこちに「卍」模様があるので、最初はちょっとどきっとしましたが
「藩政時代に津軽氏の旗印として用いられた由緒あるもので、功徳・円満の
意味で、吉祥万徳の相を表す…」(弘前市HPより)とのこと。
    
624_3で、よくよく見ると…大小のドットで描かれているのは
草間弥生ふうのりんごです。
apple 弘前市は、りんごの生産量日本一!
岩木山へ向かう道々にもりんご畑がたくさんありました。
で、市の木になっています。
市役所そばのポストの上にもりんごが。
「りんごのまち 弘前」ですって♪
スタンプもリンゴ型だったり…しないか?
ところで市の花は? もちろん「さくら」。
弘前城を埋め尽くすような桜は全国的に有名ですものね。
弘前って、素敵なまちでしたよ。
    
apple 弘前市にはほかにもデザインマンホールがあって、
どれにもりんごが登場するようです。
出会えなくて残念!

蓋046,047 ねぶた

八甲田山岩木山を登るついでに、ちょこっと観光もと欲張りな計画を立てました。
朝、東京を発って新青森にお昼着。新幹線って速いですね~。

001
新青森駅前/青森県/2012
                       

002新青森駅って、ほんとに何にもない所に突然できたって感じでした。
当然、何もかもが新しく…この蓋も最初は上下がわからず、なんだか斬新なデザインのようなのだけれどってあちこちから眺めてしまって…。
しばらくしてから、あ~「ねぶた」の武者絵だってやっと合点が行きました。

                   

                      

066
新青森駅付近住宅街/青森県/2012
                     
これは分かりやすいですね。
「ねぶた」と、編み笠をかぶったり団扇を持った「ハネト」が描かれています。
ハネトの躍動感がとってもいい感じです。

6/27 弘前まち歩き(青森へ その6)

弘前は、旅人にとってとても魅力的な素敵なまちでした。

656_2
            旧弘前市立図書館(堀江佐吉 設計・施工 1906築/1990現在地に移築)
    
一日では見て回れないほど見どころがいっぱいなので、今回はいくつかピックアップして動いてみました。
                                                    (青森へ その1)はこちらから

続きを読む "6/27 弘前まち歩き(青森へ その6)" »

6/26 岩木山(青森へ その5)

前日に八甲田山から下山。酸ケ湯から弘前市内を抜けて嶽温泉に向かいました。

489
                                 岩木山神社鳥居と岩木山
   
嶽温泉へは岩木山神社前を通ります。
車の中からちらりと見て「ここから登るの?」「遠いね~」「やっぱり遠いよね~」
…で、当初の予定「百沢コースを登る」は(計画段階の情報収集ですでにあきらめていたのだけれど)当然のように即却下です。

続きを読む "6/26 岩木山(青森へ その5)" »

6/25 八甲田山②毛無岱(青森へ その4)

大岳を後にして、いよいよ毛無岱(けなしたい)へ向かいます。
          
284
                長い階段途中から下毛無岱を望む
               
                                pencil
大岳までのレポはこちらから

続きを読む "6/25 八甲田山②毛無岱(青森へ その4)" »

6/25 八甲田山①大岳(青森へ その3)

青森二日目は、八甲田山に登ります。
今回歩くのは、八甲田のうち北八甲田と言われる地域です。
         
191_3
                               八甲田大岳と大岳避難小屋
                                                       

当初の予定では、前夜泊った酸ケ湯温泉を起点として、仙人岱(せんにんたい)・大岳・井戸岳・赤倉岳・宮様分岐・毛無岱と周回するコースを予定していましたが、今年は例年より雪が多いとの情報です。
さて、どうしましょう。

続きを読む "6/25 八甲田山①大岳(青森へ その3)" »

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »